あちゃらかもくれん 満員御礼!
夏のイベント「あちゃらかもくれん」が昨日15日で終了しました。
そこで反省的なことや展望的なことを書いてみようと思います。
アニメーションと朗読というイベント。何となくモヤモヤした企画ですが、やってみるとそれなりの手応えがあって充実した時間でした。朗読という芸がとても厄介な代物だと学びましたが、裏返せばそれが今回の宝のように思います。厄介ということは、トゲトゲの殻に覆われたウニのようなもので、切り崩せば中は濃厚で旨味がたっぷりに違いないわけです。しめしめ。
それともう一つ。ライブというのはアレですね。知ってはいたけど、やっぱりナマが重要なんですね。ダラッとビデオに録画してもそれは単に記録。一番大切なものはインストールされないみたいです。ということはつまり・・・そこにも旨味があるんですね!
a0028360_9503063.jpg

今回のイベントは原作脚本、アニメーション、音楽、全てオリジナルなんですが、一つ一つが断片的で完結してないので、絵本にもDVDにもCDにもなりません。そこのところ・・・大切ですね。今後の課題です。芝居なんて儲からないのよ!と笑い飛ばすテもありですが、そこはキッチリやりたいです。費用対効果をキッチリ考えないとイカンですわ。
a0028360_951085.jpg

そうはいっても根がイイカゲンです。7月に来てくれたお客さんには申し訳ないような気もしてるんです。ちょこっとだけ。今回のイベント、言い訳的には仕事の合間をぬって無理無理公演なのです!なんて言ってますが、金とるんだからそれじゃダメだろ!という意見があればそちらが正しいです。
回を重ねるごとに、劇中のアニメーションが追加されて、昨晩がマックスでした。時間的には最初の公演の3倍ほどに膨らんでいるのでした。たぶんこの死神の顔を見てない人はソンしてます・・・ごめんネ〜。
[PR]
by hikosukea | 2010-08-16 09:51 | ●舞台ライブの仕事
<< サンドアニメーション・ライブ 麦わらハット >>