サンドアニメーション・ライブ
突然ですが、サンドアニメーション始めました。

公演タイトル・砂のクリスマスプレゼント
演目「魚のプレゼント」
公演日程は
12/17(金)19:30開場 20:00開演 
12/18(土)15:30開場 16:00開演 & 19:30開場20:00開演の2回 
12/19(日)16:30開場 17:00開演
全4回の公演。上演時間は40分程度を予定しています。会費は2500円
※日曜は予約満席寸前です。前もって下記の電話に連絡ください。
会場は地元埼玉のM&CAPS さいたま市大宮区東町1-12-2 tel 048-778-7531
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0028360_1011234.jpg


諸事情で右往左往していまして、告知が遅くなりました。
諸事情の最たるは「ステージ当日の2時間前まで台本が決めらなかった!」という、ぼくの優柔不断。それと、人生初のライブステージだし、練習不足だし、ほんの前哨戦だよ!その軽い気持が遅れに繋がりましたね。イケナイですね!で、今は台本もそれなりにできて、練習もそれなりに進展し、初日も無事終ったので、そろそろ告知しようかな。という、たいへんわがままな判断で、いまやっと告知する気になったワケです。勝手ばかり言っててスミマセーン。

でその、サンドアニメーションがどんなもんかと言いますと。
砂で描いた絵のコマ撮りアニメーションを想像しがちですが、そうじゃないんですね。ぼくの場合、手や小道具を使って砂をサラサラと蒔きながら次々と絵を描いて、ライブでドラマを展開します。

このジャンルではウクイナのクセニア・シモノヴァさんという妖艶で美しいアーチストが有名です。今回のぼくのサンドアニメーションも、2年前にYouTubeで彼女のステージを見のがきっかけです。しかし当然ぼくの場合「おまえは美女じゃなしイケメンでもないから無理だろバカ。」と、いろんな人に実直な意見を聞かされることになったわけです。しかしそこはね「絵の年季とアニメーションの年季、あとは卑怯でコソクな道具を使うことでカバーできるのですよ。お前こそバカ!」と反撃して乗り切って、なんとか今回の公演に漕ぎ着けたのです。

セニア・シモノヴァさんのステージを見て、強く心を惹かれたのは綿密に計算された演出とライブ感。
どちらも絵画には無縁と思える感覚だけど、サンドアニメーションにはその感覚がインストールされています。まさに、絵に命を与える感覚。そしてその喜びを体現できる映像表現です。成功すれば気分はアートマジシャンかフランケンシュタイン博士といったところ。そして、彼女のステージを見て感心するのと同時に「ぼくなら、ここでアレをしたい、ソコであんな事もしたい!」と思う気持に火がついて。・・・セニア・シモノヴァさんを想う気持じゃないよ。サンドアニメーションを想う芸術の気持ですよ。
で、それから2年、あーだこーだと考えあぐねた結果、いま最初の答えを提案中です。
今回のステージが終っても、まーだまだ頑張り続けます。
来年は月に1回の新作発表と定期公演を目指します!あくまで目標ね。他にも仕事あるしね。
乞うご期待ください!!
[PR]
by hikosukea | 2010-12-18 10:05 | ●舞台ライブの仕事
<< サンドアニメーション日誌始めます。 あちゃらかもくれん 満員御礼! >>