砂動日誌:11月1日のはなし & 今年さんお世話になりました。
ぞろ目の11月1日。
砂に向って歩き始める決意をし、ドンキホーテになってしまった日。
この日の夜は吉祥寺で和田誠さんのオープニングパーティー。
いつものように大勢で、お酒を飲みながらワイワイガヤガヤ。
どんなタイミングで言ったか忘れちゃったけど、和田さんと俳優の斉藤晴彦さんに「おれ、今度ライブでサンドアニメーションやることにしたんですよ。」とちょっと反応をみながら恐る恐る報告。
「それはどういうものだっけ。どっかで見た事あるような・・・」と晴彦さん。
「まさか、あの綺麗なおねえさんのヤツじゃないだろうな。」と和田さん。
私「・・・まそうっすよ。」
和田「お前、あの綺麗なおねえさんとセリ合うのか?バカっていうかさあ、それにしても変な事考えたな・・・」
私「え、いやあ、そこじゃないと思うんだけど、やっぱそこも重要ですよねぇ。」
和田「でもまあ、やってみなよ。案内よこせば見にいくから。遠くだったらいかないけどな。」
といったような会話があって、これがライブアニメーションについて語った初めての公式発言。
その後は周辺にいた数人に、自分の考えるライブアニメーションについての夢と展望を熱く語っていました。これでもう後には退けないぞという気持にビシッと尻を叩かれて、この瞬間、初めて本気で砂に向ったのです。

a0028360_1220440.jpg


★年の瀬です。
今年は私にとって、とてもいい年でした。
過去の自分や今の自分が重り合い、一つになって、霧の向こう側を少し垣間見た気がします。
また、忙しさに託つけて、あらぬところで居眠りをしてしまったり、眠気を堪えて朦朧としたまま大失態をしたりと、大勢の方に迷惑をおかけした年でもありました。
それでも経済と芸術の狭間で伸び悩んでいた、いくつかのピークを脱することができ、新しい目標に向け、焦点を絞ることができました。
これもすべて、私の周りで私を支え応援していただいた方々のおかげです。心から感謝します。

それではみなさま、どうぞ良いお年を。☀

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 
[PR]
by hikosukea | 2010-12-31 12:21 | ●舞台ライブの仕事
<< あけましておめでとうございます... サンドアニメーション 砂動日誌... >>