わたしなどエレガンスとは無縁ですが・・・
奥様、お元気ですか?
スキー場での昼下がり。突然の吹雪から逃れて入り込んだゲレンデのカフェテラス。ビニール製の庇の下でヤッケの雪を払い落とし、凍える指先を暖めるようにして飲んだ缶コーヒーの甘さ。缶コーヒーひとつから、そんなあの日のことを思い出すことはありませんか。
(永遠のナイスガイ細川俊之さんに合掌!)
a0028360_11504541.jpg

で、まあワールドなエレガンスタイムはこれで終了。
今日からしばらくはテレビ仕事。ここ一年の総決算的な最終回の作り込みです。
現状自室にセットアップ中の砂の台ちゃん二号機が制作途中なので気にかかりますが、ま仕事が大切ですからね。

だけど、ちょっとだけ時間を巻き戻して砂の話し。
年末のステージを終え、新たな創作意欲にかき立てられて台ちゃん二号機の制作にとりかかりつつ、テレビの仕事やらスキーやらをヤラヤラして、早くも1月18日。すでに2週間の予定超過。その最大の理由は撮影台。
a0028360_11514534.jpg

これがとっても難しい。一号機での撮影は既成の撮影スタンドを工夫して固定カメラでの撮影だったけど、もともとの計画ではカメラは可動式。カメラワークを活かした作品にしたかったワケです。結局、時間的に無理だったので諦めましたが、今度は真剣に取り組んでいます。
そんなワケで前後上下左右を片手で自在に移動できる夢の自在カメラ台を製作中です。
正月前から設計を初めて、その複雑さに何度も挫折して、カメラ台の模型を作りながら年を越して、なんとかかんとか仕上がりが見えてきて、いまのところ50%くらい完成。可動部は四カ所です。前後の軸、左右の軸、上下の軸、アングルの軸。アングル以外は全て素材命のフリクション式。
完成して、左手で縦横無尽にカメラを操作する自分。プロジェクターに映し出される新鮮な映像を想像しただけで胸が踊ります。シーハイル!・・・ちょっと違うか。

それでは奥様、またお会いしましょう。


________________________________
[PR]
by hikosukea | 2011-01-18 11:53 | ●Life Shot !
<< 砂・雪・オブジェ・のライブアニ... またしてもスキーの日記ですけど。 >>