わたくし原始時代のうまれですかね
a0028360_21443717.jpg


うちの近所に長い参道がある。
参道にはたくさんの街路樹が生えている。

わたしが子供のころ、この通り沿いには得体の知れないキタナイお店や駄菓子屋などが立ち並んでいた。
店といっても法人としてきちんと税金を払っているような感じのものではない。いや、それ以前に、建物すら合法かどうかあやし感じだった。
建築というよりは小屋。中には小屋というより箱にちかいようなものまであった。
特に記憶に深く刻まれいるのは、古本屋と駄菓子屋だ。
どちらの店も床は土間。
その床から樹が生えている。樹は天井を突き抜けて空高く伸びている。
古本屋は、その床というか、地面に凹凸があり、高いところと低いところでは30センチくらいの差がある。外壁に面したタナに置かれた本などは、当然外壁と一体化している。

いま、思いかえすと、あれは洞窟だったのではないか、、と思う。
わたしは石器時代の生まれだったのかね。
[PR]
by hikosukeA | 2004-11-11 21:48 | ●オブジェ・イラストなど
<< 穴が掘りたい! 2分の1階建ての屋上 >>