まないたショー♪
少し前のこと、たぶん先月。人参のグラッセがレンジで簡単にできると知って早速ためしている時に、シンクの上の樹脂製のまな板と人参のヘタが見事なバランスで魚に擬態しているのを発見したのだった。マンボウあるいはシイラ系の海水魚が自ら台所にやってきて「おれがまな板だぜ!」と。
その同日午後。バカな魚は放っておいて自室でオブジェ作り。先刻の「千夜一夜」で自らボツとした、アラビアンな男女の絡みオブジェを仕上げる作業。この前長7センチほどのエッチな妖精さんは何種かの紙にオイルパステルと油性インクで出来ている。

a0028360_1141019.jpg


「千夜一夜」の本番ではライトの反射を避けるため表面をコーティングしなかったが、この日はそれをエポキシでコーティングするテスト。たっぷりとエポキシを塗るとパステル粒子も無重力的に封印され、こんな感じにツヤっといやらしい仕上がりになるのだった。

a0028360_1143690.jpg


本番で使ったのはこっちの人形。モーター仕掛けでカックンカックンウネウネと動きます。これはやっぱりツヤをだしたほうがイヤラシなってよかったなぁ。せめて舌だけでもネチョっとしたかった。

a0028360_1151743.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-07 11:07 | ●舞台ライブの仕事
<< なまずの星(改め、よだかの星) ライブアニメーション「千夜一夜... >>