なまずの星(改め、よだかの星)
a0028360_12435279.jpg

先日から秋の番組用に新しい物語を考えているが、なかなか進まない。自分の予定では3日分の遅れ。その理由は頭の隅を陣取っている「よだかの星」。何で「よだかの星」が頭の隅にあるのか定かではないけど、街中で聞いた流行歌が頭の中でリフレインするような感じで、よだかが飛んでいる。とにかく邪魔なのでナマズや猫に置き換えたりしているワケだが、気にすれば気にするほど近づいてくるので、いっそ正面から向合って「よだかの太陽」とか「ナマズの星」といったアレンジ版を作ってしまおうかと思い、考え始めたら結構イイ感じですよ「なまずの星」!
だけどまたまた当然というか必然というかアレですよ、時期的に地震系の話しに寄ってしまったので、会議に持っていっても「いやあ!おもしろいですねえ!!!でも却下。」ということになるんだろうな・・・。
どうにも、まともな話しを考えられない構造なんだな、わたくしの頭。
a0028360_1259269.jpg

なんてブログに書いていたら思い出した。
昨年、上野動物園でみた本物のよだか。真っ暗な部屋で飼育されてるんだけどiso12800の恩恵で撮影できたよだか。そうそう、小さくて繊細で利口そうで、いつまでも見ていられるような奥深い美しさと威厳のある姿に感動したのを思い出した。うーん、感動したクセに忘れちゃって、よだかのチャラい絵まで描いちゃって・・・ダメだなぁ、オレ。こーなったらよだかの物語、真剣に考えます。
[PR]
by hikosukea | 2011-07-08 12:44 | ●アニメーションの仕事
<< 地図の上の虚構の隣の人 まないたショー♪ >>