砂漠を渡るティーパック
王様の命令で砂漠を渡る大臣は狡猾なる朴念仁か、いやいや単なるクルクルパーでいいのか。などと考えあぐねたが、乾燥したティーパックが宝の袋にピッタリだと気が付いた瞬間に、このオブジェは八割がた完成したのだ。
そういう瞬間がここ3日ほど掴めずにいるので、2つ目の物語は宙ぶらりん。くっそー。
a0028360_815432.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-11 08:15 | ●舞台ライブの仕事
<< 2009年からの挑戦 地図の上の虚構の隣の人 >>