千夜一夜物語・その一夜 フライヤー2案
♪富士の高嶺に 降る雪も 
 京都先斗町に 降る雪も
雪に変わりは 
 ないじゃなし 
とけて流れりゃ皆同じ♪

というのはお座敷小唄だけど、♪雪に変わりは ないじゃなし♪の言い回しが間違えられたまま何十年も歌われつづけていると信じている人がけっこういるようだが、「ないじゃなし」の「なし」は否定の「なし」ではなく「ないじゃない?」といった古い言い回しなんだよな・・・、そんなことより「意思の疎通ができない」の「疎」と「出来ない」のダブル否定のほうがずっと謎だろ。ほていの焼き鳥缶ベースでカレー丼を作るなら、タレと塩のどっちな?などと、どうでもいい事を考えつつ第二案を作ってみました。
a0028360_15484041.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2011-11-13 15:49 | ●舞台ライブの仕事
<< 自己管理、出来ないようで、まあ... 千夜一夜物語・その一夜 フライ... >>