数字〜を〜見るとぉ〜、あたまあたま〜♪
a0028360_2230387.jpg
うちの近所に宅配ピサのお店がある。店の前にはズラッと11台の配達用の屋根付き三輪バイクが並んでいる。
きっちりと揃えられて並べられたバイクは、大きなカーゴボックスとフロントウインドウに1〜11までの番号が書かれている。ずらっと並ぶと出動を待つ国際救助隊のようでなかなか壮観だ。
道をはさんで交差点の向かいから眺めていると、出動状況がよくわかる。まるでサンダーバードごっこ、、ああ、すみません真剣に配達しているのに不謹慎だったな。
でもどことなくコンテナ外した二号に似ているので笑ってしまう、、、あああ、また、ちゃかしちゃったよ、すんません。
宅配バイクにかぎらず、数字が付けられたものはナゼか注目してしまう。
目がどうしても数字読んでしまう。読んでしまうとその奥のほうで脳が勝手に考えはじめたりする。
「2、、だからなに、4、、をを倍数、、だから、どうして6、偶然?」と少し考えたりしてみる。
しかしそこで終わらず、数字と脳の反応や、偶然と出会いの関係などを正面から真面目に掘り下げていくと科学や宗教が芽生えるのかもしれない。いや芽生えるだろう。
わたしの場合、掘り下げるのはやぶさかでないが科学知識も宗教知識も足りないので、自前の脳内馬鹿力でなんとかするしかない。
その結果、このようにテキトウに標本化されたあやしいビジュアルができあがるのである。

●先日インプレスの雑誌「みんなのブログ」を紹介しましたが、今日は、みんなのブログ公式サイトの「きょうのおすすめブログ」で紹介していただきました。ありがとうございます。
きょうのおすすめなのに、紹介するのがこんな時間になってしまいました、、すみません。
「みんなのブログ」公式ブログ

5月21日追記、もんだいのピザ屋さん春先につぶれました、あたた。
[PR]
by hikosukea | 2004-12-08 22:31 | ●オブジェ・イラストなど
<< 1ダースの時間 はーとふる金魚 >>