あけましておめでとうございます。
飲み過ぎ食い過ぎでボケた頭をダマしつつ、3日からユルリと仕事初め。
4日にはいくらか調子を取り戻し、本日は全快して朝から快調に仕事。
朝淹れたコーヒーがカップの底に少し残っているところに、お湯とティーパックを容赦なく追加投入し、珈琲の苦みが残る紅茶をすすり、さらに麦茶を少しとお湯を追加したころには、程よく今日の仕事の目処がついた。
さて新年最初のブログ。何を書こうか、などと考えながらエイヒレを千切ってかじっていると、緊張感のある猫の視線。猫に背を向け、気づかなかったようなポーズで仕事机にエイヒレを移動し、珈琲紅茶麦茶のお湯割りを一口啜ろうとすると、カップの底に禍々しい視線・・・思い起こせば今から40年前、かの岡本太郎もコレを見てアノ名作をインスピレーションしたのだろうか。
「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」
a0028360_15382030.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2012-01-05 15:38 | ●Life Shot !
<< 葛飾北斎「富嶽三十六景」のアニ... このブログと作者について >>