ゾームシドン全長50mm(角の先端からお尻まで)
 カブトムシとゾウムシというネーミングの妙について考えることがあるのです。
まずカブトムシ、戦国の武将の頭にのせているあれですね。あれのネーミングはカブトムシからもらったのか、あるいはその逆なのか?諸説あるとは思いますが、まあ私にはどちらでもいいこと。ボクにとってカブトムシはどうみてもゾウに似ているからゾウムシだと思うのです。すると「じゃあオマエ、すでにいるゾウムシの立場はどうなるんだよ。」ということになると思うのですが「あれはどうみてもアリクイに似てるからアリクイムシだろ。」と決着をつけたいワケです。
a0028360_12123069.jpg

 実相寺監督のウルトラマンで、コンクリートの土管に描いた怪獣の落書きがカバドンという怪獣になって大暴れをする話しがあるんだけど、そのあたり、幼少時代の怪獣の記憶と、同時代、現実の自分がカブトムシを求めて、つぶらやな瞳で森をさまよい歩いていた記憶がミックスして、この怪獣が生まれてきた気がするのです。
[PR]
by hikosukeA | 2013-04-03 12:12 | ●オブジェ・イラストなど
<< ダンディークワガタ 全長55mm 標本のオブジェ >>