マダムバレル 体長126mm
 生涯の仕事を終えたミツバチの女王は、冬を越すと最終形態のマダムバレルになり、宿敵オオスズメバチを蹴散らしているらしい。
 普段のマダムバレルはダンスを踊るような優雅さで空中散歩を楽しんでいるが、標的のオオスズメバチの巣を見つけると電光石火のごとく急加速する。そしてスピードがピークに達すると羽を足をたたみ、針のような触覚を真っすぐに伸ばし、ダーツの矢のように滑空し標的を射止める。マダムバレルの空襲を受けた巣は一瞬にして粉砕し、煙のように宙に吸い込まれて消えていくそうだ。
a0028360_12591313.jpg

マダムバレルは凄まじい破壊力をもっているが、オオスズメバチ以外には興味がないので捕獲するのは案外たやすい。運悪く人間に捕獲されたマダムバレルは、ニセのダーツバレルとして使用され、いかさまダーツの片棒を担ぐことになる。
 マダムバレルを矢として使う場合は、首筋のホクロを優しく撫でてやる。すると全身が硬直しダーツバレル状の形態になる。あとは的に向って適当に投げれば、自ら軌道修正をして中央のインナーブルを目指すが、投げる寸前まで首筋のホクロを優しく愛撫するのがコツだ。うっかり忘れるとダーツの的は粉々になって飛び散り、いかさまが露見してしまう。
[PR]
by hikosukeA | 2013-04-03 12:59 | ●オブジェ・イラストなど
<< ケイトラクワガタ 体長52mm コガネノミセ 体長106mm >>