みみずロボ
a0028360_14275189.jpg

 昨日の夜、酒を飲んだ帰り道にスプリングを拾った。今朝、それをくるんだティッシュごとポケットからだして机の上に置き、ティッシュからスプリングをとりだし、ウエットティッシュで汚れを拭いていると、ピョンとスプリングが弾き、そのまま行方不明になっていた。まあ大切なものではないからいいや、と真剣に探さずにいた。それから数時間後、偶然目がいった机の隅に、このミミズロボがいた。
曲線の具合がどことなくセクシーに見えて、2ヵ月くらい前から仕事机の隅に放置してあった極太の針金と、弾かれて行方不明になったスプリングが仲良く並んで、そのすぐ先端には小さめのワイヤーストッパーが転がっていた。ほとんど仮組のオブジェのような状態に転がっていたのだった。
針金の曲線はそのまま弄らず、頭部は可動できるように接続して完成。
降って湧いたようにミミズロボが誕生した。
[PR]
by hikosukeA | 2013-04-03 14:28 | ●オブジェ・イラストなど
<< 冒険空想科学きのこ HIKOSUKEAir >>