緑のたぬき(抹茶饂飩)
 茶蕎麦が食べたいなぁ・・・と思ったけれど、ストックの乾麺がないので、茶うどんを打ってみた。勘を頼りに粉100グラムに抹茶大さじ1をいれると秘密の森に吸い込まれるような、美しいお茶色の生地ができた。
あとは普通に関東風の汁と、海苔天を作って完成。
見事に苔むす森のうどん風だなぁ、などと感心しつつファインダーを覗いてバシャッとシャッターを切ると「あ、これって緑のタヌキじゃん・・・」
a0028360_16145671.jpg

レシピ/一人前
1:薄力粉50g、強力粉50g、抹茶大さじ1をよく混ぜ、50ccのぬるま湯に小さじ1の塩を溶かす。粉にぬるま湯を入れ、3分ほど掻き回し、ポリ袋に入れる。
2:酒大さじ1味醂大さじ1さとう小さじ1を熱する、酒に引火した火が消えたら醤油大さじ2と水300ccを加える。煮たってきたら鰹節ひと掴みを入れ火を落とす。
3:ポリ袋の生地を取り出し、折って伸ばしてを1分ほど繰り返す。
4:かるく湿らせた海苔に小麦粉を振りかけ、油で揚げる。温度は熱ければ何度でもよい。目で見て衣がキツメ色になったら引き上げる。
5:生地を取り出し、1分ほど揉み、めん棒で幅15cm長さ40cmほどに伸ばす。
6:3つ折りにして好みの幅に包丁でカットする。沸騰したお湯に麺を入れ茹でる。茹で時間は6分程度。
7:汁の鰹節を網でこし、再度弱火で加熱する。
8:茹で上がった麺を冷水で冷やし、再度加熱する。加熱時間時間は1分ほど。
9:緑の映える器に盛りつけ、ネギをそえて出来上がり。
[PR]
by hikosukeA | 2014-01-12 16:14 | ●食事と酒と
<< きんぴらと玄米のお粥 最近マイブームのキンピラ粥。 >>