今朝のカレーうどん
 細切れのバラ肉に刻んだネギと舞茸と、鷹の爪一本を入れ強火で炒める。ネギにうっすらと焦げ色が見えてきたのを合図に、50ccほどの日本酒をふりかける。鍋から大きな火があがりボウボウと音を立てる。火が消えるのをじっと見守りながら、小さな疑問が浮かぶ。このまま肉うどんにしてしまっていいのか?はたしてオレは本当に肉うどんが食べたいのか?ここで味付けをしてご飯にのせたほうがいいのではないか?答えが出ないうちに、鍋の火が消えた。自分の身体に滲み込んだ、条件反射の手際ロボットが揺るぎない手さばきで400ccの湯を注ぎ入れ、次に醤油大さじ2、砂糖小さじ2を追加し、火加減を調節し、軽く鍋をかき混ぜる。冷凍庫から冷凍うどんを取り出しレンジに入れ600Wで3分にセット。コンロの前に戻り、かつお節を手で揉んで細かくして鍋に入れる。コンロを弱火にし、ここで一息する。沸々とする鍋の水面を見つめ、また考える。豚ごはんの線は消えたが、いまならまだカレーうどんという手があるぞ・・・そして悶々とする。左後ろ、野球のマウンドならピッチャーから見たセカンドあたりに構えるレンジを振り返ると、残り時間あと1分30秒。9回裏2アウト満塁。もう悩んでいる時間はない。
 そして大きく振りかぶり、コンロを強火にし、SBカレー粉の蓋を開け、カレー粉を小さじ2。さらに片栗こ小さじ2を水に溶きをとき鍋に注ぎ入れ慌てず冷静に、そして素早くかき混ぜる。セカンドからチーンと音が聞こえた直後、濁った汁がスッと透明に変わった。パチンと軽く指をならして、やっぱり朝のカレーは気持いいよなと、食卓に向うのである。
a0028360_1114969.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2014-01-26 11:14 | ●食事と酒と
<< アトリエB4(ツキノワグマのヨ... トラのブローチ >>