ビーフペッパーライス
 ご飯の代わりに豆が置かれていたら、もう西部劇の食べ物ですね。
 バタンと大きな音をたて、開いた扉から入ってくるのは髭もじゃのお尋ね者。一瞬にして店内の騒音が掻き消えて緊張の広がる中、そんな奴に興味はないぜ、とばかりにカチャカチャと音を立てながらペッパーランチを口に運ぶガンマンが一人。まあ、どう見たって早撃ちで、どうみたって正義の味方に決まってるのに、余計な口出しをするお尋ね者。
 そしてガンマンはゆっくりと振り向き「悪い奴に食わせる肉はねぇ。」言い終わるが早いかバキュ〜ンバキュ〜ンと銃声が2つ。あんぐりと口を開き、ドサっと床に倒れ込お尋ね者。ガンマンの後ろにあるバーボンウイスキーの樽にはお尋ね者打った玉が命中し、ウイスキーがジャ〜っと吹き出す。それをきっかけに再び店は活気を取り戻し、女たちは踊り、客は声高らかに酒を交わすのである。
a0028360_1538498.jpg

 そういう感じで、今日はビーフペッパーライス。作り方いたって簡単です。一人用のフライパンに油をひいて加熱し煙が立つほど熱くなったら、牛小間とモヤシとトマトをのせてガーリックを一片絞り、30秒ほど炒めて火を落としてご飯を盛って、最後に塩とパセリとブラックペッパーを振ったらバキュ〜ンと出来上がり。余計なモノはかけるんじゃねぇぜ! 
 そういえば、最近の若い人にマカロニウエスタンという言葉が通じないのを知って、ちょっとビックリしました。まあ、知らなくてもいいか。
[PR]
by hikosukeA | 2014-01-29 15:38 | ●食事と酒と
<< お昼に作ったカケラーメン的なもの 大きな湖 >>