フクロウの卵とゴマフ猫
 昨日はリノカット、リノリウムの接着法と、2つの実験をして、どちらもまあまあの結果。接着は油分のせいで1手無駄が出てしまうけど、何とかクリアできる範囲でした。
 で、今日はリノリウムにドローイングとカットを施す実験。最大の難関は表面のガサガサするコーティングをどう剥がすか。ヤスリでは手間がかかりすぎるので、カッターの歯でゆっくり慎重に縦に裂いてみたけど、所々にクラックや段差が出てしまいイマイチな結果。だけど油性色鉛筆のノリは抜群で、ペン先からインクが滲むようにリノリウムに色がしみ込んでいく。ちょっと快感です。そしてカット。紙や木のような繊維がないので、細いカッターの先でサクサクと切り込めます。意外と理想的な彫刻素材かもしれないです。
 今日の成果物は、フクロウの卵をモチーフにしたファスナーチャームと、ごまふ猫のペンダント。
a0028360_14592486.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2014-02-13 14:59 | ●オブジェ・イラストなど
<< かき菜とベーコンとポスタカラー... リノカット試作「ハートのキング」 >>