たこ焼き器とXR520の同時レビュー
 カセットボンベ式のタコ焼き器「大だこ焼き器」を買いました。コレ、実に良いですよ。火が均等にまわるので次から次へと気持ちよくポンポン焼けます。
a0028360_172214100.jpg

撮影/XR520

 ビックまで行ったついでにXR520も買いました。タコ焼き器に比べるとユーザーインターフェースが悪いですけど、ま、仕方ないということにしましょう。撮影はほとんどカメラ任せになります。露出がどーなってんのか、シャッター速度がどーなってんのか、iso感度がどーなってんのか、 どんなふうに撮れているか、PCに吸い上げるまで分かりません。 でも、ちょっと頭の悪い撮影ロボットを買ったと思えばナカナカ可愛いヤツです。
 静止画像はナカナカですが、ピントが甘いような気がします。まだちゃんとテストしたわけじゃないですが、強力な手ぶれ補正と何か関係がありそうですね。カメラはきっちり構えろ。撮影の基本は変わらないぞ。という教訓でしょうか。
 静止画でもちゃんと暗所撮影ができます。暗所での高感度撮影ならG10やP6000と比較しても低ノイズです。その代わり、贅沢を言えば、圧縮ノイズ風の変なノイズが出るのがちょっと気になります。昔流行ったフジのヤマイみたいなヤツです。
a0028360_17233431.jpg

 この写真は公園で宴会をするホームレスさんのグループです。この場所は街灯も暗く、目が闇に慣れないと数メートルは慣れたところにいる人の顔が認識できません。つまりこの写真はほぼ目にみえる通りということで、いやナカナカ大したもんです。ナイトショットモードでは赤外線撮影のようにぼんやりと緑色になりますが、ちゃんとディテールが確認できます。
 動画はさすがに美しいです。暗所が暗所のままちゃんと撮れているのには驚きました。手ぶれ補正は本当に凄いです。まるでAEのモーションスタビライザーのように、ちゃんと止まります。手ぶれを体感できたのは初めてかもしれません。顔認識は面白いけどピントが泳ぎやすいでみたいです。タコ焼きを撮影したら顔認識が作動したのは可笑しかったです。
[PR]
by hikosukea | 2009-05-11 17:24 | ●食事と酒と
<< XR520とカレーライスのレビュー TX1とXR500 >>