「丹」俳句
 昨日の、たまごの会。投句が済んで選句のための張り出しを待っている時、藤枝リュウジさんが振り向きざまにいきなり「ねえねえ、彦単の単っていう字さあ、何かヘンだよ。丹にしたらどう?そのほうがカッコイイよぉ。」と私のノートにさらさらっ。えっ、あ、ホント、カッコイイ〜。たしかに彦単の単は納まりが悪いのです。最初は単の文字のシンメトリックなデザインが気に入っていたのですが、筆で描くと、どうもいい形に納まらないのです。単独の単の印象が強いので、対外的にもイマイチな印象を与えがち。そこで藤枝さんお勧めの「丹」辞書で調べてみると、オレンジ色の顔料。不老不死の薬。かなり嬉しい意味があるみたいです。そんなワケで本日より彦単改め「彦丹」です。です。が、家に帰って何度書いても、藤枝さんのようにカッコよくは書けません。
a0028360_144239.jpg

[PR]
by hikosukea | 2009-05-29 14:04 | ●Life Shot !
<< スタートレック 2009年劇場... 最近の、大宮・食事・ねこの写真 >>