TypeDrawingというアプリを
早速仕事に使ってみました。
知り合いに頼まれていたライブディスコのポスターです。
TypeDrawingは昨晩ダウンロードしたiPhone用のシンプルなアプリ。
指先で描いた線がテキストの羅列で表現されます。指先の速度変化で文字の大きさが変化。文字は自分で指定。この絵では”Disco Night ! 2010”の繰り返し。
画面が小さく解像度も低いので、このアプリだけで作品を仕上げるのは難しいです。そこでmacに読み込んでざっくりとしたコラージュにしてみたらイイ感じ♪
a0028360_15173126.jpg

Macで文章を追加して、全体の色調を得意のラーメンイエローとライスホワイトでまとめ、足もとにカレーイエローと福神漬けレッドでアクセントをつけてブルージーな雰囲気にして完成。
iPhoneとMacの連携は、USBをつないだままでファイルをやり取りしていたので、ストレスも最小限。時代を感じちゃうなあ〜。といった感じで、サイバークリエイティブなホットタイムを楽しめたのでした。
[PR]
by hikosukea | 2010-01-16 15:20 | ●オブジェ・イラストなど
<< Toon PAINTで撮影すると iphoneのカメラが >>