嘘くさいつくり物 な感じ
がイヤで、PCでも昔風に変換するエフェクトプラグなんかを小馬鹿にしていた私ですが、iPhoneを使うようになって一変しました。iPhoneのアプリだと何となく自然に、全然抵抗なく使っています。
2年ほど前、湯村輝彦さんを仕事をしたときに「昔のフィルムみたいに思いっきり汚く、グッチャグチャの雨ザーザーみたいでフレームガクガクするような作品にしたいなぁ」という案が出て、最初は抵抗があったものの、とりあえずそんな感じに作ってみると案外楽しくて結果のバッチリ!やっぱ先見の明だなあ・・・と関心した時点で私のマケ。今でもお気に入りの作品です。そんな前振りがあったのも要因の1つかも知れないな、なんてことをiPhoneから学んでる・・・湯村さんから学べよ!って声もありましょうが(汗)

なワケで、今度はムービー。
Vintage video makerで撮ったQTから1フレーム抜き出してみました。
こちらは 60’s Home Videoモードで撮ったリュック君。60年代にホームビデオってないような気がするので、どちらかというとフジカシングルエイト最終型のサウンドトラック付きカラーフィルムな感じですね。
a0028360_16155442.jpg

次は20’s moveモード。そのまんまトーキーな感じ。いかにもトーキーな感じのピアノ曲が入ってムード満点。見慣れた町並みが新鮮?というかタイムスリップ。
a0028360_1616236.jpg

[PR]
by hikosukea | 2010-01-27 16:20 | ●Life Shot !
<< やっと すっかりiPhoneカメラマン >>