「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:未分類( 16 )
冒険妄想科学きのこ
 この照明装置のモデルになっているアミガサタケというキノコは、ウルトラシリーズでチブル星人となって活躍しているが、森の中の開けた空き地に群生する現実のアミガサタケは、子供にとっては本当の恐怖だった。
 誰が言い出したのか「時おり蜂の巣のような穴から一斉に黄色い胞子を吐き出し、それを吸った人間は頭がおかしくなる。」という噂まであり、半信半疑ではあるが、みんなその誤った知識の奴隷になり、アミガサタケに出会うのを恐れていた。
 大人の科学力や芸術力は、知識と好奇心を父母に持って生まれる能力だが、子供の空想科学力は、無知を父に、妄想を母に生まれる異端の哲学だと思うのだ。
そのときの妄想に「怖い」という感情の重力が強く作用すると、空想科学力は大気圏から脱出できず、地面に縛り付けられたまま妄想科学力に変化にし、人によってはトラウマになり、人によっては円谷な瞳の育成を助長する。
・・・う~ん、今日はヤケに文章が堅くてまとまりが悪いので、これにて御開き。
a0028360_14394476.jpg

[PR]
by HIKOSUKEA | 2013-04-03 14:40
AfterEfectsの裏技かも
2月にiPhoneを買ったのがきっかけで生活のデジタル率がピューンと跳ね上がたわけだけど、近頃ではさらにエスカレート。日々のスケジュールをAfterEfectsで管理するという離れ業に到達。ココまでやると、AfterEfectsの神的な領域に踏み入れてしまったような妙な気分。
a0028360_18473541.jpg

でもやり方は簡単。ファイル内にスケジュール用のコンポジションを1つ用意して、台本とコンテ上に直にスケジュールを書きこむだけ。そこにシェープを1つ用意してマスクパスで進行状況がわかるように一工夫。
こうするとアニメーションの尺とも直にリンクできるので、向うところ敵ナシです。無敵のワークスケジューラー。ま、朝から晩までAfterEfectsでアニメーションを作っている物好きな人以外には何の役にも立ちませんが。
[PR]
by hikosukea | 2010-04-06 18:48
ビンテージ実用自転車友の会
Rod brakes!(ロッドブレーキーズ!)が昨晩おごそかに決起。
メンバー3名に実用自転車6台と小規模。趣味としてはかなりピンポイントなので、ミクシーのコミュも立っていない程。そんなワケで今後、同朋の士が現れるとも思えないようなウルトラマイナーな集まり。ご近所で3人集まっただけでも奇跡に近い!そんなワケで小さくも華々しく盛り上がり、近々サイクリングを計画したものの、モノがモノだけに遠距離はつらそう・・・トランポが出来ればばいいのですが。モノが重いのでトラックがないと出来そうもない。
a0028360_16243234.jpg

★所信表明★
とりあえず大きな夢は抱かずに「近所の土手まで行きましょーツアー」とか「新都心までオムライスを食べに行きましょうツアー」とか「ゆるくて長い坂道を探しましょうツアー」そんな感じ。ほとんど何もしないのに近い、地道な活動を開始の始まり始まり♪
[PR]
by hikosukea | 2009-09-15 16:25
オリンパス ペン E-P1
 試作だけかと思っていたら本当に出ましたね。すごく嬉しいです。ちゃんとコンパクトサイズでレンズ交換式なんてねぇ・・オリンパ偉い。今度、お酒おごってあげます。マイクロズイコーもカ〜ワイイよ♥
 わたしの場合、今から30年以上前。カメラに興味を持って最初に手にしたのがオリンパスペンです。その後、家にあったペンはいつの間にか消えてしましましたが、写した写真と小さなシャッタ音。指先に伝わる小さな感触と、チープなフェインダーを覗いたときのセロファン的な色彩の世界。カメラを構えたときにフィルム蓋から臭う微かなフィルム臭。指が擦れて痛くなるような固い巻き上げダイアル。みんなハッキリと記憶しています。
a0028360_14464996.jpg

 この写真は何年か前に無印良品で買った革の名刺入れですが、寸法を計ってみると、横115ミリ縦75ミリ。新生ペンとほぼ同サイズ。そこで復活の記念に落書きしてみました。実はこの名刺入れ、買ったときは革が固すぎるし色もイマイチぬるいなぁ、と思っていたんですが、使っているうちに意外と馴染んできて、今ではかなり仲良し。で、この革の色に注目です。どーってこともないんですが、新しいのペンのホワイトボディについているグリップの色が、この名刺入れに似ているんです。しかもちょっとだけ・・・だからやっぱりホワイトボディのほうがいいかなあ、なんて呑気に悩んでみたワケです。
[PR]
by hikosukea | 2009-06-20 14:47
スキーボード
 かぐらスキー場に行った。初めてのショートスキーと十数年ぶりのパウダースノーに感動した。いままでもスキ−はさんざんやったけど、雪山で思いっきり遊ぶという気持ちになれたのは初めてかもしれない。ショートスキーの軽快さと懐の深いかぐらスキー場のおかげ。雪山での落書きスケッチも初体験。雪山を忘れて十数年。再スタートから一ヶ月。まだまだやり残したことがある。まだまだ楽しめる予感。また行くぞ!と堅く決意した46歳の春であった。
a0028360_11465117.jpg

「かぐらゲレンデ女子専用トイレ裏から45°の景観」
2009年3月5日 彦すけあ 画 / 水性顔料ボールペン(黒)水性顔料ボールペン(白)
[PR]
by hikosukea | 2009-03-06 11:52
ハチミツ「生」
a0028360_21403290.jpg


わたしには美味しそ〜で、きれい〜に見える。
なぜか近所にあった養蜂用の巣箱。放置されているわけではない。
巣箱ではしっかりとミツバチが蜜をつくり、養蜂業のおじさんらしき人が頭から網をかぶって蜂の世話をしている。
「写真撮らせてください」
なんて言いながら、わたしはすでに巣箱から数十センチのところでファインダーをのぞいている。もうシャッターだって何回も押している。カシッ、カシッと調子に乗って巣箱にどんどん近づいていったら、おじさんに声をかけられた。
「あんた養蜂やってたことあんのかね?ん、ないのか。怒らせんように気をつけてな。」
まあミツバチだし大丈夫だよ、と思ってファインダーから顔を上げ、まわりを見回すと様子がヘン。
景色がよく見えない。あわわわわ。わたしはミツバチ雲の中にいるのだ。服にもぎっしりミツバチが張り付いている。
「むあっ、むあの〜〜ぅ、ぅ動いても、ずあいじょぉ〜ぶ、どぇすか〜ぁ。」と口を開けないように気をつけながらおじさんに聞いた。
おじさんの指示どおりに、ゆっく〜りと退散したらボコボコにされるようなことにはならなかった。だがもう一度、巣箱に近づく元気はなくなっていた。
あの時、もう少しアホだったらもっと一杯撮れたのにな〜〜〜。
と今は後悔している。
とはいうものの、わたしは十分アホなので来年の今頃には、今日のことなどキレイサッパリ忘れています。
そうしたらまた写真を撮りにいこうと思ってるよ。なはははは。今度は蜂蜜「生」もいただくぜ。かくごしとけ!!
[PR]
by hikosukea | 2004-08-20 21:44
やっぱりたてが好き6!!
a0028360_18185244.jpg


 写真の楽しみは、写して現像してプリントして、出来上がったプリントの表面に、じっと目をこらしたり、そおっと指先で触ったり、最後にプリント周辺の空気をスッと吸い込んで、鼻孔内で完結する。だから写真を見るのは展覧会場で大きく引き伸ばされた生をみるのが一番好きだ。
映画とビデオの関係にも似ている。人間は脳と目の構造上、目の前にドデーン大きく存在しなくては理解できないことがあるようなのだ。
そんなことを考え、大きな写真の主役だけを切り取って「やっぱりたてが好き」を展覧会な気分でアップしてきた。今後も増やし続ける予定だけれど、連日アップのスクロールオリンピックはとりあえず終了。

とはいうものの、デカ写真アップは一度やると病みつきになる、ということが判明。
この一週間で縦長写真依存症になってしまった。
だから今後も当分のあいだ写真は大きめだと思います。
[PR]
by hikosukea | 2004-08-17 18:23
やっぱりたてが好き5!!
a0028360_1856821.jpg


今日は首を傾げなくてもよ〜く見れる、タテ猫ストレートタイプ。
涼しい顔してモニュメントのように橋の欄干でじっとしていた。
特に用があるわけでもなかろうに、カメラをむけるとあっち向いてホイ!
[PR]
by hikosukea | 2004-08-16 16:13
やっぱりたてが好き4!!
a0028360_14161269.jpg


この写真、本当はやっぱりたてが好き2!で使う予定でしたが、暑苦しいので先送りにしていたが、今日は19度。涼しいので今がチャンス!
あざらし系たてねこ。なんか芸しろ!ほれ、、、
[PR]
by hikosukea | 2004-08-15 14:17
やっぱりたてが好き3!!
a0028360_21371669.jpg


今日もまた白ねこです。炎天下の白猫は撮りづらいや。
もうすこし暗いところならよかったのに。
もしかして、白ねこは暑さに強いのか?
[PR]
by hikosukea | 2004-08-14 21:43