「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:●舞台ライブの仕事( 25 )
千夜一夜物語・その一夜 フライヤー2案
♪富士の高嶺に 降る雪も 
 京都先斗町に 降る雪も
雪に変わりは 
 ないじゃなし 
とけて流れりゃ皆同じ♪

というのはお座敷小唄だけど、♪雪に変わりは ないじゃなし♪の言い回しが間違えられたまま何十年も歌われつづけていると信じている人がけっこういるようだが、「ないじゃなし」の「なし」は否定の「なし」ではなく「ないじゃない?」といった古い言い回しなんだよな・・・、そんなことより「意思の疎通ができない」の「疎」と「出来ない」のダブル否定のほうがずっと謎だろ。ほていの焼き鳥缶ベースでカレー丼を作るなら、タレと塩のどっちな?などと、どうでもいい事を考えつつ第二案を作ってみました。
a0028360_15484041.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2011-11-13 15:49 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜物語・その一夜 フライヤー1案
a0028360_1452569.jpg

12月の公演。
ライブアニメーション、ダンスのコラボで千夜一夜物語の第二弾!
とりあえずこんな感じのフライヤーを作りました。
オブジェをガラスに入れて耽美なムードに撮影してみたら、案外いい感じ。
これで方向性が決まったな。
頑張りますよ。よろしくお願いします!

ついでにブログのカテゴリーを久々に整理してみた。
「最近の仕事」を「アニメーションの仕事」と「舞台ライブの仕事」と「オブジェ・イラストの仕事」に分けました。でも古い記事は多すぎて適当なカテゴリーに入ったままだったりします・・・ご了承ください。タグに関しては編集の方法が不明なので放置です・・・ゴメンなさい。
[PR]
by hikosukeA | 2011-11-13 14:09 | ●舞台ライブの仕事
砂漠を渡るティーパック
王様の命令で砂漠を渡る大臣は狡猾なる朴念仁か、いやいや単なるクルクルパーでいいのか。などと考えあぐねたが、乾燥したティーパックが宝の袋にピッタリだと気が付いた瞬間に、このオブジェは八割がた完成したのだ。
そういう瞬間がここ3日ほど掴めずにいるので、2つ目の物語は宙ぶらりん。くっそー。
a0028360_815432.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-11 08:15 | ●舞台ライブの仕事
まないたショー♪
少し前のこと、たぶん先月。人参のグラッセがレンジで簡単にできると知って早速ためしている時に、シンクの上の樹脂製のまな板と人参のヘタが見事なバランスで魚に擬態しているのを発見したのだった。マンボウあるいはシイラ系の海水魚が自ら台所にやってきて「おれがまな板だぜ!」と。
その同日午後。バカな魚は放っておいて自室でオブジェ作り。先刻の「千夜一夜」で自らボツとした、アラビアンな男女の絡みオブジェを仕上げる作業。この前長7センチほどのエッチな妖精さんは何種かの紙にオイルパステルと油性インクで出来ている。

a0028360_1141019.jpg


「千夜一夜」の本番ではライトの反射を避けるため表面をコーティングしなかったが、この日はそれをエポキシでコーティングするテスト。たっぷりとエポキシを塗るとパステル粒子も無重力的に封印され、こんな感じにツヤっといやらしい仕上がりになるのだった。

a0028360_1143690.jpg


本番で使ったのはこっちの人形。モーター仕掛けでカックンカックンウネウネと動きます。これはやっぱりツヤをだしたほうがイヤラシなってよかったなぁ。せめて舌だけでもネチョっとしたかった。

a0028360_1151743.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-07 11:07 | ●舞台ライブの仕事
ライブアニメーション「千夜一夜物語・その前夜
またしてもブログを二ヵ月ほど放置してまいました。スンマセンです、再開します。
とりあえず何のネタもないので、先月のライブアニメーション「千夜一夜物語・その前夜」というとてつもなくエロい話しの事後報告。
普段がNHK教育放送の仕事ばかりということもあって、こういうエロいのは初めて。
でもハマりますね。なんかエロい絵とかエロい動きとか、ものすごく楽しめました。ほんの二週間だったけど、勢い良くエロい仕事をして頭の中がピンク色に染まっていって、現実に戻るのに少し時間がかかるほどでした。この世界にドップリと浸かって、そのままいっちゃう人の気持がよーく分かりました。

a0028360_12391399.jpg


アニメーションは前回のサンドアニメーションを引きずる感じで、砂とオブジェを使った作品。
降り注ぐ砂にあたって揺れるオブジェや、モーター駆動で動く大人のオモチャのようなオブジェを、ライティングと手カメラのウオークスルーだけで展開するアニメーション。アニメーションというより実写かな?
当然初めてのことなんで最初は上手くいかなかったけど、ラストの3ステージ目は結構納得のいくステージに仕上がりました。初回と二回目に足を運んだ人には、ちょっとゴメンなさい。。

a0028360_12393728.jpg


後になって宇野亜喜良さんに「カルダーみたいなヤツやったの?」と聞かれ、知らなかったので家に帰ってYOUTUBEを調べてみると、う〜んなるほど!これはこれは!ちょっと違うけど似た事を考えた人がいたんだねぇ。どっかの知らない人じゃなくてカルダーっていうあたりで一安心でした。

a0028360_12395671.jpg


そんなわけで今回も自分採点では合格。次回に乞うご期待。
次回は千夜一夜物語の続編。9月か10月に公演する予定です。

camera/OLYMPUS E-PL1s Lens/VOIGTLANDER:NOKTON
[PR]
by hikosukea | 2011-07-06 12:40 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜 第二回ミーティング
せっかくのミーティングだから、何となくでいいからビジュアルの方向性を押さえたいな。
と思い、ここ数日頭を抱えてきたワケだけど、今日の昼過ぎになって、うっすらとイメージが見えてきた。
気がする・・・。
a0028360_17571839.jpg

a0028360_17573084.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-05-11 17:58 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜、第一回ミーティング
演出、脚本で元締めの永島さんがひと頑張りして、ようやく千夜一夜の原稿が上がりました。さっそく主演のともえちゃんを含め、三人のパフォーマーが集まり、最初の打ち合わせらしきことをしたのですが、決まったのはリハのスケジュールだけ。
a0028360_102742.jpg

さて、公演まであと2週間もないわけですが、どうしたもんかな。あーでもない、こうでもないと昨日から頭をひねっています。でも一向にいいアイデアが浮かばない。ライブのサンドアニメーションは絶対やって!とお願いされているので、それは決まりとして・・・、あとはライブのカメラワーク紙芝居と作り込みアニメーションの三本立てかな、と気楽に考えているんですが中身が決まらない。練習時間もとれない。うーん・・・なにはともあれ至難受難の二週間は幕を開けたようです。
とりあえずベリーダンサー有坂ともえちゃんのスナップショット。
ま、ぼくが頑張れなくても、魅力的な彼女の妖艶なダンスが全面バックアップしてくれると思っているので「お前のせいだ!」的な心配は無用。今回は気が楽です。
a0028360_10272751.jpg

a0028360_10274199.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-05-09 10:28 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜物語
AV男優のギャラは女優の10分の1すら貰えないって聞いた事があるけど、ぼくも場合はどうなんだろうな。今回は芝居のスパイス程度に考えて地味なパフォーマンスに専念しようと思います。
にしても、脚本も上がってないわ、打ち合わせもしてないわで、適当に作ったぼくのチラシを見て「うーん、やっとイメージが湧いてきたぞ!」って、脚本家どんなもんだろ。
ま、そんな時に限って傑作が生まれるってのも、よくあること。
a0028360_1155552.jpg

↑クリックで拡大します。

原画はエンピツ、ポスカ、オイルパステル、コラージュで作ったものをmacで合成。
ギャラが男優以下と推定されるので、原画数点は芝居の当日、会場で展示販売する予定です。
よろしくね。
[PR]
by hikosukea | 2011-05-06 11:56 | ●舞台ライブの仕事
砂・雪・オブジェ・のライブアニメーション
a0028360_10251428.jpg

これは前回のライブアニメーションのラストシーン。
写真を整理していたらこんなのも出て来て、おやおや?な感じです。おやおやこれは案外かわいいね。バックライトを消すと絵の表情がまるで違ってくる。温もりが丸出しな感じでカントリーな感じが絵心をそそります。これ、使わない手はないな、絶対イケるな!なんて次回に向けてのアイデアはてんこ盛りです。
a0028360_10265624.jpg

それとコレ。雪!この雪はかぐらスキー場の頂上付近で撮影した雪。このクリーミーだけどサクサクな感じ。見てるだけでウズウズしてきます。スキーじゃなくてスノーアニメーションですよ。
a0028360_10271618.jpg

可能かどうか分からないけど、季節限定ライブで出来たらいいな、なんて妄想もしています。バーンと大きな雪の壁を作ってナイターゲレンデにプロジェクターで投影したら暖かいだろうなあ。
[PR]
by hikosukea | 2011-01-20 10:27 | ●舞台ライブの仕事
11月19~26日の砂洞日誌
19日、二枚目のガラスを受け取る。ライブ本番まで一月をもないのに、この頃から仕事も忙しくなり、頭は混乱してくる。砂、仕事1、仕事2、と3つの仕事をヤリクリ。もともと、そういうことに耐えられる頭の構造ではないので、空いた時間は常に放心状態か、眠りに落ちて、かっくんかっくん夢の中。
a0028360_12272748.jpg

20日、砂の筐体を囲うための外壁が完成。照明もいい具合に完成した。砂の取り組みは、テレビ仕事の間隙を縫って日に3時間程度しか割けないのだが、適度な切迫感が集中力を高めてくれるので、日々の成果は大きい。
人生初の砂アートということもあって、子供のような吸収力で砂との付き合い方を学んでいる自分が不思議なほど。

21日、外壁の一部が崩壊し砂が溢れ始めたので、あわてて補修。
砂には慣れてきたが、まだアニメーションとしてのシナリオが出来ていないので、絵コンテを描き始めることにする。
・・・だけど待てよ、ライブアニメーションの絵コンテって、どう描けばいいのだ。
この時まで少しも難しいとは思っていなかったライブ用の絵コンテ。要するにカンペか?いやそうじゃないよな。意味としては楽譜に近いな。絵の楽譜。ちょっとメルヘンな感じ。
a0028360_12274157.jpg

22日から26日にかけては仕事が大詰めで、まともなメモが残っていません。momentoでツイートを見る限り、かなり混乱してますね。混乱の中で無理矢理時間を割いて砂をいじっていたようです。混乱のなかで使えそうもない造語の絵コンテ用語がたくさん誕生してるんだけど、ストレス解消のために遊んでるような感じかな。

砂で次々と好きなを絵を描いて練習する=フリー
形状変化の面白さだけで魅せる=モフ
意外な演出で驚かす=ハナビ
エロチックなラインで興味を引く=ベリー
人の顔の入れ替え=zススラム(意味不明)
ポカンと広い構図=スラトン(たぶん、うすらとんかちの略aススラムと関係ありそう)
[PR]
by hikosukea | 2011-01-08 12:28 | ●舞台ライブの仕事