<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
One Pad Cookingというパフォーマンス
最近マイブームの食活はワンパッドクッキング。もちろん造語だけど。 
地味ながらもタイミング一つで全てが決まる、短期決戦型の調理に目醒めたのです。
いまのところ、自分ルールは鍋一つで作ること。ま、ボールやザルは別扱いで出来るだけシンプルにね。といった感じでチャレンジしてます。
a0028360_11331434.jpg

今朝の朝食は海老ピラフ。
ピラフとは云々的な話しは抜き。これでいいのだ!的な料理だから納得した人だけが楽しんでください。
レシピ 一人前 パフォーマンス時間トータル8分。
A、冷凍のむきえび適量を茶碗に入れてレンジで温める。
B、3分ほどかかるので、その間にタマネギ小の1/6ほどをおろし金で摺り下ろす。
海老が温まったら、ご飯(今日はセブンのチンするタイプ)に下ろしたタマネギを乗せ温める。
C、そして、ご飯が温まるまでの3分間で仕上げ。海老を温めた茶碗には海老から熱い煮汁が出ているので、そこに顆粒のコンソメ小さじ1とバターひとかけを投入し、バターとコンソメが溶けるまで混ぜる。
ここで絞りニンニクなどを入れてもいいワケですが、リゾート感溢れる優しい海老ピラフにこだわる人はジッと我慢するのがポイントだよ。
D、チンが聞こえたら全ての材料をボールに入れ、よくかき混ぜる。その前にボールを温めておくのは当たり前のことですよ、温め方は自由ですが、忘れないように。もしあなたが主婦なら、そのひと手間が身に付いているかどうかで夫が逃げるかどうかが決まります。
かき混ぜは30秒くらいかな、コンソメの色が全体に馴染んでいるかどうかが見極めどころです。
ところで、もし30秒混ぜてもコンソメの色が均一にならなかった場合どうするか?
もちろん答えは、混ざらなくても30秒で止める、です。
もともと半壊したご飯がベースだから、 それ以上混ぜ続けても水分が逃げ、米粒の形がだらしなくなり、せっかくの海老汁の香りが飛び、味も温度もぬるくなり、夫は松屋に走ります。あなたが夫ならば、何やってんのよ、このタコっ!役立たず!と恫喝されて終わります。
最後に温めた皿に盛りつけて終わりです。軽くパセリをふって、レモンを絞るか、レモンピールをして完成。今回はレモンを買い忘れちゃったけど。
あとは食べるだけ。
いや、もう一つ重要な仕事を忘れてる。
Cの作業は後半に時間が余るはずなので、その間に食卓に調味料やランチョンマットなどを揃える作業をすると料理全体の流れが客観できて見落としが減ります、作業にメリハリがついて味もワンランク上がります。

そして今朝はもう一品スペシャルなスープをつけました。
昨日買い忘れた冷凍海老を買いにスーパーのワゴンセールでみつけた缶詰のチキンタイカレー、これが美味しい。
最近見なくなったけど、以前はよく売っていたカレー味の焼き鳥缶。あれを進化させたようなものだと思ったのだけど、食べてみたら本格的なタイカレーで、しかも134kcalで98円。これは一本取られた感じ。
a0028360_11333534.jpg

ごちそうさまの後に食後のコーヒーを終えると、さっそくスキー用のKode30を背負い自転車を漕ぎ、やおらスーパーに舞い戻ってリュック一杯に大人買いを決行。
帰り道、通勤する人々とは反対方向に自転車を漕ぎながら、背負ったリュックの中でゾワゾワと蠢く缶の感触が、とてもレジスタンス的に感じる朝の一幕。
a0028360_11334571.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2012-04-02 11:34 | ●食事と酒と