タグ:ねこ ( 97 ) タグの人気記事
ペインター11が
アフタヌ〜ンと届いたので、久々のフルデジタル。
手も汚れないし、机も汚れないし、絵の具代もかからない。楽チンでいいです。
不雑な処理をする筆を使ったり、広範囲でのフィルター効果を使うと処理の遅さが気になりますけど、そこはフォトショップとの連携でなんとかなります。
こういう、いかにもな絵。ボクの趣味じゃないけどデジタルで描くと意外と楽しい。手書きの場合、絵の具乾くのを待っている間のちょこちょこっと別の紙に落書きなんかしちゃったり、それがまたナカナカ気に入ったりして。デジタルだと、そういった副産物の可能性は望めないけど、そこは自分で頭を切り替えて何とか慣れていけばいいのかな。そんなワケでしばらくデジタルにハマってみます。
a0028360_13544892.jpg

クリック↑で拡大。
[PR]
by hikosukea | 2009-11-26 13:55 | ●オブジェ・イラストなど
何となく
カワイイ写真になりました。というだけ。ヒネリも何もありませんけど、体を恐ろしくヒネって耳の裏を掻いています。態度も悪いです。
「週末からだらだらと雨が続いているので眠くてダルいです。ちぇっ!」(リュック談)
a0028360_1640250.jpg

[PR]
by hikosukea | 2009-10-26 16:41 | ●Life Shot !
リュックマ
この季節、寝ていると猫が布団に来るので、似たような夢ばかり。
昨夜の夢でリュックは熊。熊のように大きな猫ではなくて、何となくリュック柄の大きな熊。
a0028360_13102395.jpg

「こんなに大きくなっちゃって、どうしようか・・近所の人に怪我でもさせたら取り返しがつかない。もう、うちでは飼いきれないな」なんて考えていると、ドドドッと大きな音を立ててリュックが家から脱走。通行人を追いかけ回していると、漁師のようなスタイルのヘンテコなお巡りさんが現れて、ズドーン!とライフルで一発。
打たれて息も絶え絶えのリュックが「ぼくは遊んでもらいたかっただけなんんだよぉ・・・」

ありがちですが、夢の中で体験してしまうと結構悲しいです。目が覚めてもしばらくはドンヨリとした悲しい気持ちが続きました。
[PR]
by hikosukea | 2009-10-17 13:11 | ●オブジェ・イラストなど
ひさびさのリュック画
鉛筆です。撮影はDSiカメラ。PSでドバッと拡大してカラーノイズ増強!
線なんか、ほとんど潰れて見えなくなっちゃうけど、なんかいい感じ。
a0028360_16406100.jpg

「くびながりゅっくの散歩」
[PR]
by hikosukea | 2009-10-16 16:41 | ●オブジェ・イラストなど
猫バンパー
 伊藤潤二の「よん&むー」を読んで素晴らしいアイデアなのでマネしました。これで猫を轢く心配が減りました。心配事が減るって気持ちいいですね。
a0028360_10343850.jpg

[PR]
by hikosukea | 2009-06-23 10:35 | ●Life Shot !
リュックおじさん
a0028360_14255969.jpg

これでもリュックはもう12歳。いいオッチャンのハズなんですが。
sony_XR520
[PR]
by hikosukea | 2009-06-07 14:27 | ●Life Shot !
スタートレック 2009年劇場版 その1
 スタートレックの最新作を見てきました。実に数年ぶりです。 ここ20数年ほどで、これほど待ち望んだドラマは他にありません。スタートレックシリーズは1966年からテレビシリーズがはじまり、2005年にエンタープライズシリーズが終了するまで、 映画も含めると全700話を超える類い稀な超大作。 ユニバーザルの雲行きが怪しいので、新作はもう一生見られないのかと思っていたので今回の復活は感激しました。たぶん、つまらない作品になったとしても喜んだに違いないと思いますが、新作は最高の出来映えです。40年も続いたSFドラマだけに新シリーズを作るのは大変だと思うのですが、見事に間隙をすり抜けて新時代の突入に成功しています。ボイジャーの最終回のような痛快さで(見てない人には分からないでしょうね、スンマセン。)ワームホールの向こうからシュバ〜ッあらわれたような痛快無比の最新作です。これで後40年くらい安泰でしょう。あとはテレビシリーズの再開に期待するのみ。
a0028360_10535239.jpg

ちょっとエンタープライズに似てるリュック君。
[PR]
by hikosukea | 2009-05-30 10:55 | ●Life Shot !
最近の、大宮・食事・ねこの写真
 昨日に頭が続き575モードから抜けてません。でまあ、最近食事前の食べ物撮影と、食後のネコ撮影が儀式化しています。いままで気がつかなかったんですが、過去に自分が食べたものの写真見るのってナカナカ楽しいです。味と一緒にまわりの空気も思い出せて楽しかったり、懐かしかったりします。よーするに普通のスナップと同じですね。
a0028360_1612869.jpg

 この写真は、トマト、卵、豆腐、ねぎ、の赤出しのみそ汁。うちでは定番のみそ汁です。これを食べていると、食事なんてガッつかなくても、これだけで食べてれば充分だよなぁ、といつも思うのです。
a0028360_162127.jpg

今週始まった、路地裏食堂たけぞうのランチカレーです。xr520のおかげで暗い店内でも逆光のカレーライスが撮影できるようになりました。
a0028360_1622279.jpg

安くて美味しい天狗酒場のネギマ。うちの近所で80円でネギマが食べられて、しかも美味しいのはこの店だけです。
 圧倒的にxr520の出番が多くなったしましました。もともとは暗所につよい携帯性がいい、という実用的な理由だったのですが、最近では画が好き。色が好き。と評価の幅が広がってきました。ここ十数年アンチソニーだった自分が不思議です。あ、ところでこのカメラGPSがついてるんですが、いままで一度もまともに作動したことがありません。マニュアル読んでも何も書いていないし困ったもんです。ま、ダメならダメでいいんですが。今夜は句会があるので、移動中にそのへんをテストしてみようと思います。
a0028360_1624265.jpg

食後のリュック君です。リュックが食事をしたワケではなくて、わたしが食事をした後です。テーブルの上の食器が片されると、テーブルの上にやってきてクネクネします。しょがないので撮影してあげると、さらにクネクネして、そのうち寝ます。なんだか分かるような分からないような行動ですが、彼にも生活のサイクルがあるようです。
[PR]
by hikosukea | 2009-05-28 16:03 | ●Life Shot !
XR520 スナップ
  XR520を使ってほぼ一週間。普段使いで考えるシチュエーションを8割方試し終わった感じです。結論として、私にとってXR520は、いまのところ最強スナップカメラ。と結論着けることにしました。ピント精度(精度というよりピント再現性というべきか)は好き嫌いが分かれるところだと思いますが、結果として全体の柔らかい印象の画が撮れるので、私は好みです。カメラが、もう少し小さいといいんでけどね。
(写真はクリックで大きく見られます)
a0028360_14453160.jpg

a0028360_14455514.jpg

a0028360_14461644.jpg

XR520/スチール/シャッター速度1/30 f1.8 WBオート iso不明
■上/ベランダからガラス越しに撮影した夜の自室
■中/ベランダから眺めた夜の通り(赤外線)
■下/食後の食卓でうっとりするリュック
[PR]
by hikosukea | 2009-05-17 14:46 | ●Life Shot !
XR520 スチール写真 レビューその3
 いままでのTX1は夜に弱いのでキメの写真を撮りたい日には一眼を持ち歩いてますが、これがもう、重くてイヤになります。しかし現行の機種から夜に強いカメラを探すと、どーしても一眼に辿り着いてしまいますが、わたしの場合、スッとカメラを撮り出して、あっという間に撮影して、サッとしまえるカメラがスナップカメラが理想。それと夜撮りについて。大人がいいスナップを撮るチャンスは何と言ってもアウタ−5だと思っています。わたしも一応その範疇ということで、食事をしたり酒を飲んだりというシチュエーションでの撮影が圧倒的に多いです。そんなことから、やはりわたしの場合スナップ撮影のプレステージは夜だと思うわけです。だから必要なカメラは、うす暗い照明の酒場やレストランでホッと一息して緩んだ表情をパッと納められるカメラ。その路線で今回ゲットしたのがXR520です。
 で、今回は前回より少しマジっぽくレビューします。※写真はクリックで拡大します。
a0028360_16181468.jpg

アウトフォーカスのボケ具合は昨日もアップしてるから別にいいんですが、写真がカワイイので思わずアップ。
a0028360_16183528.jpg

テーブルの上のグラス。中に入っているのはバーボンの水割り。調光機能付きのテーブルライトを、消える寸前のロウソクの明るさのように絞って撮影。ズームは一番広角側。撮影モードは標準。
a0028360_1619160.jpg

 前と同じコップを少しルーズで撮影。部屋の照明はナシ。目が慣れてくるとカメラのビューモニターの明るさが背後の壁にボンヤリと揺らぐ程度の明るさです。ほぼ完全に暗闇。肉眼ではほとんど見えません。撮影モードはナイトショット。赤外線ライトはオン。ナイトショットはグリーンのモノクロで撮影されるので、フォトショップでグレートーンに変更してあります。
 肉眼では闇なのに、写真がちゃんと写っているのって不思議ですね。よくみると奥の壁に怪獣の影が落ちている。怪獣から後ろの壁までは150センチぐらいです。赤外線の直進性って凄いんだなあ、なんて関心しちゃいました。まあ、ここまで暗いとノイズも目立ちますが超高感度のモノクロ写真だと思えばかなりイイです。
 この他にも暗い写真ばかりたくさん撮影しましたが、概ねこんな感じで良好です。少し気になるのは、ちょっとピントが甘いような、手ブレのような、何とも判断しがたいボケ。このボケの原因スローシャッターと、それをおぎなう手ぶれ補正の処理から生まれたテクノロジーボケだと思います。いや、もしかするとレンズがタコい。という線もありますけど。わたし的には許容範囲で、むしろイイ感じに見えます。
 AdobeBridgeで撮影データをみるとシャッター速度はすべて1/30となっています。露出はその時々の焦点距離に応じた解放値。暗い場所での撮影は、通常撮影、ナイトショット、共にシャッター速度1/30、露出は解放値で、自動的にCCDの感度を調節して撮影する機構のようです。当たり前ですが、望遠側で撮影すると露出が絞られるのでノイズが目立ちます。暗いところでの撮影は広角側のF1.8がオススメ。このへん、もう少し突っ込んでみたいです。
[PR]
by hikosukea | 2009-05-13 16:19 | ●Life Shot !