タグ:アニメーション ( 63 ) タグの人気記事
カルダーのモビールとマーゴン
グーグルのトップページに?と思いつつ調べるでもなく仕事。
台風のマーゴンが来て、真っ先に思ったのは以前考えた台風幼稚園のはなし。
テレビ番組的には不向きなキャラであるが、もうひとヒネリして実体化すれば空の怪物マーゴンができる。それをもっとヒネるとヒーローズに出て来るカーニバルのおじさんみたいなのが出来るんだな、などと記憶の擦り合わせと妄想を繰り返し、思いつきを頭の中から引っ張り出したのがこの絵。マーゴンの初スケッチ。
a0028360_9551380.jpg

描き終えてグーグルを開くとカルダーのモビールがあることに気がついて、さらに引っぱり出された記憶がカルダーの不思議なパフォーマンス。これもアニメーションの心の原点。あれくらい堂々と面白い大人になってみたいな、と思うのであった。
[PR]
by hikosukea | 2011-07-22 09:56 | ●アニメーションの仕事
砂漠を渡るティーパック
王様の命令で砂漠を渡る大臣は狡猾なる朴念仁か、いやいや単なるクルクルパーでいいのか。などと考えあぐねたが、乾燥したティーパックが宝の袋にピッタリだと気が付いた瞬間に、このオブジェは八割がた完成したのだ。
そういう瞬間がここ3日ほど掴めずにいるので、2つ目の物語は宙ぶらりん。くっそー。
a0028360_815432.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-11 08:15 | ●舞台ライブの仕事
地図の上の虚構の隣の人
時計の秒針が腕になった時を告げぬ妃のオブジェは、下から照明をあてると顔に影が落ちないので晴れやかなイメージになるが、上から照明をあてると影が顔に落ちて憂いを秘める。このオブジェは今後も少しづつ育てて「千夜一夜」シリーズのイメージシンボルにしようか、などと無駄なことを考えなが、テレビ用の新しい物語を考えている。しかしメモが溜まるばかりで進展なし。昨日はヨダカ、今日は地図と檻。
数日経って振り返ると、何でそんな面白みのないものに引っかかっていたんだろう、と思うのは明白だ。明白だと言いつつも、いまだドップリと考え込んでいる自分が不思議な昼下がり。昼食はマックのフィレオフィッシュ。フィレオフィッシュの収監された檻は地図でいうとアノあたりか・・・いやいやそこはヨダカのいるところ・・・ブツブツブツと時間は一直線に駆け抜けて行くのだ。
a0028360_15313172.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-09 15:32 | ●アニメーションの仕事
なまずの星(改め、よだかの星)
a0028360_12435279.jpg

先日から秋の番組用に新しい物語を考えているが、なかなか進まない。自分の予定では3日分の遅れ。その理由は頭の隅を陣取っている「よだかの星」。何で「よだかの星」が頭の隅にあるのか定かではないけど、街中で聞いた流行歌が頭の中でリフレインするような感じで、よだかが飛んでいる。とにかく邪魔なのでナマズや猫に置き換えたりしているワケだが、気にすれば気にするほど近づいてくるので、いっそ正面から向合って「よだかの太陽」とか「ナマズの星」といったアレンジ版を作ってしまおうかと思い、考え始めたら結構イイ感じですよ「なまずの星」!
だけどまたまた当然というか必然というかアレですよ、時期的に地震系の話しに寄ってしまったので、会議に持っていっても「いやあ!おもしろいですねえ!!!でも却下。」ということになるんだろうな・・・。
どうにも、まともな話しを考えられない構造なんだな、わたくしの頭。
a0028360_1259269.jpg

なんてブログに書いていたら思い出した。
昨年、上野動物園でみた本物のよだか。真っ暗な部屋で飼育されてるんだけどiso12800の恩恵で撮影できたよだか。そうそう、小さくて繊細で利口そうで、いつまでも見ていられるような奥深い美しさと威厳のある姿に感動したのを思い出した。うーん、感動したクセに忘れちゃって、よだかのチャラい絵まで描いちゃって・・・ダメだなぁ、オレ。こーなったらよだかの物語、真剣に考えます。
[PR]
by hikosukea | 2011-07-08 12:44 | ●アニメーションの仕事
まないたショー♪
少し前のこと、たぶん先月。人参のグラッセがレンジで簡単にできると知って早速ためしている時に、シンクの上の樹脂製のまな板と人参のヘタが見事なバランスで魚に擬態しているのを発見したのだった。マンボウあるいはシイラ系の海水魚が自ら台所にやってきて「おれがまな板だぜ!」と。
その同日午後。バカな魚は放っておいて自室でオブジェ作り。先刻の「千夜一夜」で自らボツとした、アラビアンな男女の絡みオブジェを仕上げる作業。この前長7センチほどのエッチな妖精さんは何種かの紙にオイルパステルと油性インクで出来ている。

a0028360_1141019.jpg


「千夜一夜」の本番ではライトの反射を避けるため表面をコーティングしなかったが、この日はそれをエポキシでコーティングするテスト。たっぷりとエポキシを塗るとパステル粒子も無重力的に封印され、こんな感じにツヤっといやらしい仕上がりになるのだった。

a0028360_1143690.jpg


本番で使ったのはこっちの人形。モーター仕掛けでカックンカックンウネウネと動きます。これはやっぱりツヤをだしたほうがイヤラシなってよかったなぁ。せめて舌だけでもネチョっとしたかった。

a0028360_1151743.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-07 11:07 | ●舞台ライブの仕事
ライブアニメーション「千夜一夜物語・その前夜
またしてもブログを二ヵ月ほど放置してまいました。スンマセンです、再開します。
とりあえず何のネタもないので、先月のライブアニメーション「千夜一夜物語・その前夜」というとてつもなくエロい話しの事後報告。
普段がNHK教育放送の仕事ばかりということもあって、こういうエロいのは初めて。
でもハマりますね。なんかエロい絵とかエロい動きとか、ものすごく楽しめました。ほんの二週間だったけど、勢い良くエロい仕事をして頭の中がピンク色に染まっていって、現実に戻るのに少し時間がかかるほどでした。この世界にドップリと浸かって、そのままいっちゃう人の気持がよーく分かりました。

a0028360_12391399.jpg


アニメーションは前回のサンドアニメーションを引きずる感じで、砂とオブジェを使った作品。
降り注ぐ砂にあたって揺れるオブジェや、モーター駆動で動く大人のオモチャのようなオブジェを、ライティングと手カメラのウオークスルーだけで展開するアニメーション。アニメーションというより実写かな?
当然初めてのことなんで最初は上手くいかなかったけど、ラストの3ステージ目は結構納得のいくステージに仕上がりました。初回と二回目に足を運んだ人には、ちょっとゴメンなさい。。

a0028360_12393728.jpg


後になって宇野亜喜良さんに「カルダーみたいなヤツやったの?」と聞かれ、知らなかったので家に帰ってYOUTUBEを調べてみると、う〜んなるほど!これはこれは!ちょっと違うけど似た事を考えた人がいたんだねぇ。どっかの知らない人じゃなくてカルダーっていうあたりで一安心でした。

a0028360_12395671.jpg


そんなわけで今回も自分採点では合格。次回に乞うご期待。
次回は千夜一夜物語の続編。9月か10月に公演する予定です。

camera/OLYMPUS E-PL1s Lens/VOIGTLANDER:NOKTON
[PR]
by hikosukea | 2011-07-06 12:40 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜 第二回ミーティング
せっかくのミーティングだから、何となくでいいからビジュアルの方向性を押さえたいな。
と思い、ここ数日頭を抱えてきたワケだけど、今日の昼過ぎになって、うっすらとイメージが見えてきた。
気がする・・・。
a0028360_17571839.jpg

a0028360_17573084.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-05-11 17:58 | ●舞台ライブの仕事
千夜一夜物語
AV男優のギャラは女優の10分の1すら貰えないって聞いた事があるけど、ぼくも場合はどうなんだろうな。今回は芝居のスパイス程度に考えて地味なパフォーマンスに専念しようと思います。
にしても、脚本も上がってないわ、打ち合わせもしてないわで、適当に作ったぼくのチラシを見て「うーん、やっとイメージが湧いてきたぞ!」って、脚本家どんなもんだろ。
ま、そんな時に限って傑作が生まれるってのも、よくあること。
a0028360_1155552.jpg

↑クリックで拡大します。

原画はエンピツ、ポスカ、オイルパステル、コラージュで作ったものをmacで合成。
ギャラが男優以下と推定されるので、原画数点は芝居の当日、会場で展示販売する予定です。
よろしくね。
[PR]
by hikosukea | 2011-05-06 11:56 | ●舞台ライブの仕事
「めから かいこうせん」
a0028360_1274437.jpg

先週、偶然店頭で見つけた「めから かいこうせん」青幻社発行、税抜き1000円
何となく、これからの自分の仕事と共通するものを感じ取ったので買ってみました。

単語帳くらいの大きさのパラパラアニメ本ですが、これがスゴイ!
表題通り、目から怪光線が発射されます。
真上から見るよりも、少しはなして斜めから見た方が感動的です。
a0028360_1275682.jpg

完全に3Dだし、完全に飛び出す絵本。
シンプルなアイデアの中に、アニメーションの魅力とライブ感覚がパッケージングされていて完成度が高いです。
怪光線を発射中の写真はシャッター速度1/15秒。
人間の視覚は通常1/15。パニック時には1/60くらいまでの画像を認識できるようになる、という話しを読んだことがあるのですが、写真で見る限りその通りです。
1/15で撮った写真は、まさに目に見えるとおり。
[PR]
by hikosukea | 2011-01-22 12:09 | ●Life Shot !
酔っぱい話し
昨夜、居酒屋でメールをチェックしたら仕事関係のメールが一通舞い込んで来た。
「先月納めていただいた17話の件ですが、主役の子にケシゴムが刺さっていて気になります。直していただけませんか?」といった内容。えっ、そりゃ確かに変だけど、一月前に納めた仕事なんて、もう内容なんて憶えてない。それにしても消しゴムが刺さってるって・・・いったいどういうシチュエーション?そんな話しあったかな?
さっそく家に帰って直そうと思いつつも酔いどれな時間が経過。
a0028360_9301120.jpg

日が変わって家に帰り、しばらくしてから思い出し、さっそくムービーファイルをチェックしてみると。あったあった、01:30〜01:40の付近。道で転んだ男の子がカバンの中身をぶちまけてしまうシーン。確かに消しゴム刺さってる。ん?だけど、よく見たら消しゴムじゃなくてキャラメルだよ。はははははっ。と笑いながら修正をして、レンダリングをしながら残っていた白鶴を飲みほして一件落着。

そして今朝。昨夜の修正を見直すと。今度は頭に歯ブラシが刺さってました。
酔っていて、間違えてやってしまったのか、あるいは笑いながらわざとやってしまったのか。それとも、もともと頭に歯ブラシは刺さっていたが検閲するテレビ局の人が誰一人として気が付かなかったのか?謎です。そして、あまりのバカらしさに誰にも確認を取りたくない心境です。
[PR]
by hikosukea | 2011-01-21 09:31 | ●食事と酒と