タグ:アニメーション ( 63 ) タグの人気記事
サンドアニメーション 砂童日誌:12月17日後半と18日 
さて本番、初舞台!
寄ってらっしゃい見てらっしゃい!てな感じではなかったです。
頼むから誰も来ないで〜・・・ な感じで、そっと声を潜めて身を隠してじっとしていました。もう悪い事はしませんから、後生ですから、カステラですから、からからからっとしてるうちにタイムアップ。だけど、お客さん来ちゃいましたね。
30人しか入れない小屋だけど、予想外にたくさん・・・緊張するなぁ。
で、始まった。というか始めた!
始めたらもう周りのことは気にしないで、タイムトンネルを抜けて一目散に逃げるように、あっという間に40分後の世界に到達。
最後のシーン。砂にhikosukeaのサインを描き始めるナイスなタイミングで大きな拍手が聞こえてグイッと現実世界に引き戻されました。この拍手は「成功」と思っていいのかな?いいんだよな!ってことにして笑顔で挨拶。
いや嬉しかったです、心から感謝です。
a0028360_15514687.jpg

その後はお酒を飲みながら歓談の時間。
オトナってやつは意味なくおだてる生き物だから、そこは慎重に差し引いて。それでも残る心の言葉を感じました。好意とか敬意とか。素敵な気持を感じることができました。
と同時に、どっと疲れて激しい睡魔が襲ってきたので、そそっと帰宅して爆睡。
久しぶりに不安感の伴わない深い眠りでした。

翌18日、もう余裕たっぷり。
昼すぎから小屋に入って絵コンテの作り直し。
本番では予想外にたくさんのことを学べたので、そのへんのことを盛り込んだらグッと精度が上がった。そのあとは書き直した絵コンテを見て練習の時間。昨日よりずっと巧くなっていて爽快な気分で練習を終え、リラックスして本番ができるように、ひと休み。
a0028360_15525531.jpg

そして本番。結果からいうとまあまあの出来。だけど全体に昨日よりダメな感じ。
原因は展開を煮詰めすぎて無難になってしまったこと、リズムが単調だったこと。いまひとつ自分が楽しめなかったこと。
特に2回目、夜の部がひどかった。一回目と二回目の間で、見に来てくれたお客さんたちに、砂のステージを解放して遊んでもらったのですが、ジュースやお菓子を食べた手で、砂や小物をいじったので、油が付着してしまったのですね。
それにまったく気づかず初めてしまったので、砂が引っかかる、小物が指先に張り付く、とトラブルがてんこ盛り。慌てて失敗しても、まだリカバリー出来るほどの技術がないので、ただ焦るだけ。ステージが終るころには全身汗だく。
「いやあ、ライブで絵を描くって難しいなぁ」と生まれて初めての体験。失敗はイヤだけど同時に失敗の経験がすごく嬉しい!という気持に助けられて、翌日に夢を繋ぐのでした。
[PR]
by hikosukea | 2010-12-26 15:53 | ●舞台ライブの仕事
サンドアニメーション:砂童日誌 12月16日
そして公演前日の16日。
砂箱の前に立ち、技術のおさらいをして絵コンテの詰め。
本番を前日に控え、もう迷わないぞ、これで行くぞ!と、固い決意で始めたものの、スキだらけの絵コンテを目の前にし、悩み悶えること30分。またしても全面書き直しを決意。頭の中に散らかっているアイデアを総点検するが、まだ足りないから家の回りを歩いてみたり、家中の引出しを覗いたり、空を眺めてみたり、頭を振ったり抱えたり、たりたりたりたり悶々として時間を過ごす。
そしてトンネル脱出。
twitterに「猫から!すべては猫からなんだ!」と叫んだのは9時23分。
ドラマの主役を人から猫に変更すると全てが解決できることに気づいたのを糸口に、演出もドラマも一気にまとまった。
まずは演出メモを作り、それを見ながら時間と座標の割り出しをするのに数時間、そして絵コンテをまとめるのに2時間。午後4時、予定を大幅に遅れて最終絵コンテが完成。
砂箱の正面に絵コンテを貼って、初の通し演技をしながら絵コンテに要所の書き込み。まずまずの自己評価。演技時間はおよそ40分と予定通り。

ここで練習は終わり。6時には砂箱を芝居小屋に運ぶためのトラックが来るので、箱の解体作業と道具の点検をしなければならず、その時間を考慮すると5時でタイムアウト。
a0028360_97471.jpg

小屋に移動して砂箱を組み立て、カメラとプロジャクターをセットし終えたのが午後8時。この時点でほぼ疲れきっていたのだけど、まだ一日を終えるワケにはいかない。今回、尺八を演奏してくれる坂本君とリハーサル。
ここでハプニング。私にしか分からない小さなことだけど、私にとっては大きな事件。
そりゃもう、しばし唖然とするほど。

湿度がウチと違うせいで、砂がサラッサラッ。
砂が転がりすぎてカタチが決まらない。
なにもかも違う感触。砂も道具も私も、全く同じなのにね。

いままでの練習してきた技術がチャラ。またしても振り出し、ゼロスタートを切らねばならぬような遠い気持。
けど、もうヘコんでる時間もなし。何とかするしかない。
というわけなので、ひたすら砂と戯れ、新しい環境に適応するためのトレーニング。スキーでいうと晴れた日の圧雪バーンと吹雪の未圧雪バーンくらいの違いがある。まだまだ技術的に未熟な私には大事件です。まずは腰の位置。次は膝、いやいや肘が先か、なんてことを考えながら悪戦苦闘、悪銭身に付かず。そして12時、解決の糸口も見えぬまま、疲れきって家に帰って、そのままバタン。
砂で出来たデブの芸者に追いかけられる夢を見て目がさめたのは翌5時半。
[PR]
by hikosukea | 2010-12-22 09:07 | ●舞台ライブの仕事
サンドアニメーション日誌始めます。
砂童日誌 その1

砂とオブジェのライブアニメーションは昨日で千秋楽。
いやあ、ドキドキものでしたよ。ライブで絵を描いてお金を取っちゃうなんてこと、本当にやっちゃうなんてね。誰か一人くらい金返せ!って言い出すんじゃないってハラハラ。でも世の中あまいですね。エイヤー!で思い切って踏み出せば何とかなっちゃうのね、ホント。
酔狂にも見に来てくださった方々、応援してくださった方々、まったくどうもありがとうございました。
a0028360_6272755.jpg

終ってみて振り返ったり、いや振り返るまでもなくリアルタムに色々と感じたことや考えたことのメモがあるので、忘れないうちに書き残しておこうと思います。
そもそも砂アニメを始めたのは・・・、あたりから書いていくか、この数日から書いていくか、今ちょっと悩みつつコロッケパンをかじったりしてるわけですが・・・ここで30分経過。やっぱここ数日の記憶がしっかりしてるから、そのへんから書こうと思います。

まず13日、14、15日。開演の4日前から前日まで。この3日間はもうメッチャクチャに忙しい3日間でした。気持は砂のライブで一杯なんだけど、テレビの仕事の納品を2つ、目の前に抱えていたので、そっちをフィニッシュしなきゃならなくて、砂のレッスンは2時間くらいしか出来ないのですね。もともと同時に2つの仕事をするには向かない頭なのに、砂のレッスンを入れると、仕事A、仕事B、仕事Cの3つ同時進行。朝、早くに起きてパソコンに向ってモウロウと仕事をしていると、頭の中では砂を掻き回すアイデアを考えていたりと、もう効率が悪いのなんの。そこで効率よく仕事をするためのミッションを考えました。

で、どーゆーミッションかと言うと、
まず、起きたらいきなりパソコンに向って仕事を始めるのです。問答無用!ヨラバ切る。って感じで、顔も洗わず、歯も磨かず、水ものまず、飯も食わず、トイレも我慢して、とにかく仕事。いきなりヘッドホンを着けて収録音声を聞いたり、シナリオを読んだり、絵の修正をしたりというディープなところに飛び込んでいくワケです。ツライとかネムイとか起きたばっかりだし、なんてことは考えない。ずっと起きてたフリをして頭を騙しちゃう。で20分くらいしたらユルっと顔を洗ったりトイレに行ったりして、お茶を入れて一服しつつ、一日のスケジュールを紙に書いたり飯を食ったり。それからおもむろに自作した砂のステージの前に立ち、冷たい砂を手ですくって、手触りを確かめつつサラサラっと撒いてみる。時おり砂の上に紙を置いたりオブジェを置いたりして何となく気取った時間を数分。千利休な気分で時間を過ごすのですね。
こういう時、思うんですけど砂っていいですよ。
部屋に砂場があって、時々手で触れるだけ全身に理性が漲る感じ。それだけでもオススメ。
ま、大ざっぱにそんな感じの地味なミッション。
a0028360_6274317.jpg

これがだいたい朝の5時頃。それからは一気に仕事。自分で書いたスケジュール通りにひたすら仕事。この時やってたのは「シャキーン!」っていう番組と、広報番組のタイトルアニメーション。で、そうやって無理矢理に自分を時間の流れに封じ込めて行くと、本能的に自由を求める脳のスイッチがオンになるらしくて、それが脳裏でフル回転してるんですね。だけど目と手と普通の脳は仕事に使っちゃってるから、自由を求める本能のほうは基本カラ回りなんです。あまり空回りのままにすると脳が消化不良を起こすような気がするので時々ギアを入れてあげる。砂ステージの前に立って、砂をサラッと触ってみるんです。まあ3時間に一回くらい。すると高回転で空回り中の自由モードの脳がジャキーンと動いて、ほんの数分感だけどアイデアやら夢やらがジャラジャラと雪崩のように溢れてくるんです。慌ててそれを拾ってメモをとったり、ちょっと実験して写真に撮ったりしていると頭全体が落ち着いてくるので、そこでまたギヤを外して通常運転モードに切り替える。そんな感じで突っ走って、夜の9時頃には終了。この頃になるともう頭はフラフラで使い物にならないから、ふらっと酒を飲みに出かけて馴染みの店で小一時間を過ごして、後は寝るだけ。昔なら答えが出るまでは徹夜をしてでも!っていうこともあったけど最近はそういう無駄はしませんね。徹夜はダメージの方が大きくて効率が悪いです。

そんな感じでギチギチの3日間を過ごして、公演前日の16日を迎えたわけです。
で、
まだまだ長いから、とりあえず今日はここまでね。
続きはまた明日。
[PR]
by hikosukea | 2010-12-20 06:29 | ●舞台ライブの仕事
サンドアニメーション・ライブ
突然ですが、サンドアニメーション始めました。

公演タイトル・砂のクリスマスプレゼント
演目「魚のプレゼント」
公演日程は
12/17(金)19:30開場 20:00開演 
12/18(土)15:30開場 16:00開演 & 19:30開場20:00開演の2回 
12/19(日)16:30開場 17:00開演
全4回の公演。上演時間は40分程度を予定しています。会費は2500円
※日曜は予約満席寸前です。前もって下記の電話に連絡ください。
会場は地元埼玉のM&CAPS さいたま市大宮区東町1-12-2 tel 048-778-7531
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0028360_1011234.jpg


諸事情で右往左往していまして、告知が遅くなりました。
諸事情の最たるは「ステージ当日の2時間前まで台本が決めらなかった!」という、ぼくの優柔不断。それと、人生初のライブステージだし、練習不足だし、ほんの前哨戦だよ!その軽い気持が遅れに繋がりましたね。イケナイですね!で、今は台本もそれなりにできて、練習もそれなりに進展し、初日も無事終ったので、そろそろ告知しようかな。という、たいへんわがままな判断で、いまやっと告知する気になったワケです。勝手ばかり言っててスミマセーン。

でその、サンドアニメーションがどんなもんかと言いますと。
砂で描いた絵のコマ撮りアニメーションを想像しがちですが、そうじゃないんですね。ぼくの場合、手や小道具を使って砂をサラサラと蒔きながら次々と絵を描いて、ライブでドラマを展開します。

このジャンルではウクイナのクセニア・シモノヴァさんという妖艶で美しいアーチストが有名です。今回のぼくのサンドアニメーションも、2年前にYouTubeで彼女のステージを見のがきっかけです。しかし当然ぼくの場合「おまえは美女じゃなしイケメンでもないから無理だろバカ。」と、いろんな人に実直な意見を聞かされることになったわけです。しかしそこはね「絵の年季とアニメーションの年季、あとは卑怯でコソクな道具を使うことでカバーできるのですよ。お前こそバカ!」と反撃して乗り切って、なんとか今回の公演に漕ぎ着けたのです。

セニア・シモノヴァさんのステージを見て、強く心を惹かれたのは綿密に計算された演出とライブ感。
どちらも絵画には無縁と思える感覚だけど、サンドアニメーションにはその感覚がインストールされています。まさに、絵に命を与える感覚。そしてその喜びを体現できる映像表現です。成功すれば気分はアートマジシャンかフランケンシュタイン博士といったところ。そして、彼女のステージを見て感心するのと同時に「ぼくなら、ここでアレをしたい、ソコであんな事もしたい!」と思う気持に火がついて。・・・セニア・シモノヴァさんを想う気持じゃないよ。サンドアニメーションを想う芸術の気持ですよ。
で、それから2年、あーだこーだと考えあぐねた結果、いま最初の答えを提案中です。
今回のステージが終っても、まーだまだ頑張り続けます。
来年は月に1回の新作発表と定期公演を目指します!あくまで目標ね。他にも仕事あるしね。
乞うご期待ください!!
[PR]
by hikosukea | 2010-12-18 10:05 | ●舞台ライブの仕事
あちゃらかもくれん 満員御礼!
夏のイベント「あちゃらかもくれん」が昨日15日で終了しました。
そこで反省的なことや展望的なことを書いてみようと思います。
アニメーションと朗読というイベント。何となくモヤモヤした企画ですが、やってみるとそれなりの手応えがあって充実した時間でした。朗読という芸がとても厄介な代物だと学びましたが、裏返せばそれが今回の宝のように思います。厄介ということは、トゲトゲの殻に覆われたウニのようなもので、切り崩せば中は濃厚で旨味がたっぷりに違いないわけです。しめしめ。
それともう一つ。ライブというのはアレですね。知ってはいたけど、やっぱりナマが重要なんですね。ダラッとビデオに録画してもそれは単に記録。一番大切なものはインストールされないみたいです。ということはつまり・・・そこにも旨味があるんですね!
a0028360_9503063.jpg

今回のイベントは原作脚本、アニメーション、音楽、全てオリジナルなんですが、一つ一つが断片的で完結してないので、絵本にもDVDにもCDにもなりません。そこのところ・・・大切ですね。今後の課題です。芝居なんて儲からないのよ!と笑い飛ばすテもありですが、そこはキッチリやりたいです。費用対効果をキッチリ考えないとイカンですわ。
a0028360_951085.jpg

そうはいっても根がイイカゲンです。7月に来てくれたお客さんには申し訳ないような気もしてるんです。ちょこっとだけ。今回のイベント、言い訳的には仕事の合間をぬって無理無理公演なのです!なんて言ってますが、金とるんだからそれじゃダメだろ!という意見があればそちらが正しいです。
回を重ねるごとに、劇中のアニメーションが追加されて、昨晩がマックスでした。時間的には最初の公演の3倍ほどに膨らんでいるのでした。たぶんこの死神の顔を見てない人はソンしてます・・・ごめんネ〜。
[PR]
by hikosukea | 2010-08-16 09:51 | ●舞台ライブの仕事
あちゃらかもくれん
運に憑かれて運の尽き、花のいのちは運しだい、呑んで呑まれて魑魅魍魎
死神鼻紙かみんぐあうと、命半分差し出して、夢と野望を唱えましょう。
あちゃらかもくれん、ほーほけきょ・・・
a0028360_15351155.jpg

UN : OmniSketch/TypeDrawing/PhotoShopCS5
ということで、ちょっと怖くてナンセンスな芝居のはじまり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
語り継ぐべきことがある/シリーズ1
題目「あちゃらかもくれん」
 ー不思議をおこすモノたちー

独り語り/出演・原案:永島直樹
脚本・演出・美術:彦すけあ
劇中アニメーション:彦すけあ(予定)
プロデュース M&CAPS

場所 M&CAPS さいたま市大宮区東町1-121-2
チケット問い合わせ/048ー778−7531
メール/nagashima@m-caps.jp 

公演日程/7月24日(土)25日(日)と8月14日(土)15日(日)
公演時間/開場19:30 開演20:00
会費/2000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな感じです。
まだ脚本が出来ていませんので、当然アニメーションも出来ていません。
静止映像になるかもしれません。たはは・・・。
[PR]
by hikosukea | 2010-07-15 15:11 | ●舞台ライブの仕事
今月は〆切が
3回も訪れる予定です。まず最初は明朝。ま、よーするに忙しくて落ち着かないんです。
さらに、ちょっと風邪気味なのと、iPadから母艦に戻っての仕事が多くなったのが、相乗効果になって、ペンタブレットがしっくりきません。すっかり指先でこする習慣が身に付いてしまったので、ペンタブレットだと慣れないフレンチでナイフとフォークを使うような違和感。でも、それはまだいいほう。鉛筆で台本に書き込みをする時なんて、気が付くと鉛筆の底を覗いて文字を拡大しようとしている自分。頭のどこかが、激しく混乱しているようです。鉛筆が紙と擦れてカサカサいう音もやけに新鮮、というか気になる。で、もういちど鉛筆の底を覗いたら、カサカサいう音と鉛筆の底の意外と大きな動きがスペクタクルに見えて楽しかったり・・・何かが見えているような・・・やっぱ熱があるのかな。
a0028360_1374071.jpg

覗いたっていいじゃないか!/OmniSketch、TypeDrawing、TiltShiftGen、PhotoShopCS5
[PR]
by hikosukea | 2010-07-06 13:09 | ●オブジェ・イラストなど
仕事の合間にタブレットペンの
コーティングを補修して、スポンジのパッドを巻き直し。
a0028360_15542710.jpg

昨年もアップしたこのペンはワコムタブレットのカスタム。
使わないサイドスイッチを撤去し、グリップ部にスポンジを巻き、擦れ&タコ防止。
重い後部シェルと、必要のない後部スイッチを取り外し、剥き出しになった基盤には透明のウレタンをコーティングして断線と衝撃の対策。
見た目にはゴツいが、手には優しく使いやすいペンの出来上がり。
[PR]
by hikosukea | 2010-05-16 15:55 | ●Life Shot !
わたしはObjectCなんて
書けないので、iPhoneからFlashが閉め出されると困るんですが・・・。
もともと鎖国好きなのは知ってるけど、今回のはちょっとキツいな。HyperCardが消え、newtonが消え、久しく忘れていたAppleスピリッツ満載のiPadアナウンス。一体型MACの進化形だ!
たち切れになったマンホールの蓋をふたたび開いてオズモの頭を最初に叩くのはわたしだと盛り上がっていたのにな。夢がガラガラガラ・・・。今回の締め出しで一番悲んでるのはLong Long Old Appleファンですよ、ジョブス君。「えーっ、HyperCardリベンジ!」なんてことにならないかなぁ。

↑ここまで読んで理解共感できた人。そうとう私と同類。
グズっていてもしょーがないので、マイiPhoneのトップページ公開。
a0028360_1344487.jpg

[PR]
by hikosukea | 2010-04-22 13:45 | ●Life Shot !
先週から雨シーンの多い
アニメーションを作っているんですが、画面の中も家の外も雨のせいか、頭の中が陰鬱としてきます。
そんなわけで仕事の進展がはかばかしくないのです。ザ〜〜〜〜〜〜〜。
a0028360_11565916.jpg

[PR]
by hikosukea | 2010-04-13 11:57 | ●オブジェ・イラストなど