タグ:動物 ( 29 ) タグの人気記事
ペンダントのパッケージング
先週作った猫のブローチをペンダントに変更しパッケージングしました。
使わない時は、このまま壁にかけて飾っておけるように、ハガキ1/2ほどのサイズの厚紙を台紙に、針金のフックに引っ掛けてみました。テスト的な一作目&仕事の間隙をぬって作ったので、裏側はちょっとショボイ作りですが、いい感じに出来ました。
この台紙、実は・・・なのですが、思いがけぬ発見に小躍りしたい気分。
a0028360_18161521.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2014-01-22 18:17 | ●オブジェ・イラストなど
フクロウと巣のようなもの・ブローチ kawaii
今日のかわいいヤツはフクロウ。
フクロウといえば木のウロがお家のようなイメージだけど、穴の中の床にはきっとこんな感じになっているのではないか?とあえて調べず、思いつき力を杖に勝手な推測だけで巣のようなものも作ってみた。
a0028360_2002710.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2014-01-20 20:01 | ●オブジェ・イラストなど
ペンギンのブローチ kawaii
ペンギンです。
これまたかわいいヤツを作ってしまったようです。
う〜ん言葉が見つからないので、とりあえず、こんにちは!
a0028360_1691269.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2014-01-19 16:09 | ●オブジェ・イラストなど
リスのキノコの習作ブローチ kawaii
 たぶん人生で初めてリスの絵を描いた。描いたというより作ったといったほうが正確か。試行錯誤を重ねながら数時間、出来上がってみると、あまりの可愛さにビックリ。なんというか、このリスのオブジェから込み上げてくるメルヘン力のようなものに圧倒されて、思わず「かわいい・・・」と声を出してしまった。
a0028360_17161044.jpg

アーティストとしての今まで積み重ねや、価値観が崩れ落ちるような脱力感。もう路線を変更してこの道を探求するべきなのか。自分の中の、まだまだ知らない可能性があるような、ないような、不思議な感覚に触れる作業だった。
ああ、それにしてもカワイイ・・・。
[PR]
by hikosukeA | 2014-01-18 17:16 | ●オブジェ・イラストなど
黒猫のブローチ kawaii
黒猫を飼っている人はみんな知っていることだが、黒猫というのは本当に真っ黒なので、目を閉じるとほとんど黒い毛玉のようになってしまう。そんな事情があって黒猫の絵や写真は目を開いているものが多い。
しかし絵描きとしては、それが何とも悔しい。
そこで今日は目を閉じた黒猫を描くために、全体的に褐色の色味を残してディテールを描いてみた。その表面を軽くヤスリで擦ると下の紙がほどよくケバ立ち、いい感じになったので、お、これなら黒いラインで眠る黒猫の目が描けるぞ!と思ったのだが、その時インターフォンがピンポーンと鳴り宅配弁当の営業の人がきた。二言三言対応して仕事部屋に戻り作業の続きをしたのだが、ふと気がつくと初心を忘れて目をパッチリと見開いた黒猫を仕上げていた。
してやられた気もするけど、まあカワイイからこれでいいか。
a0028360_20443647.jpg

サイズ:2cmほど。
材質と加工:重ねて固めた厚紙を削って成形。表面の仕上げはバーニッシュとエポキシ。
[PR]
by hikosukeA | 2014-01-17 20:44 | ●オブジェ・イラストなど
トンネルを抜けて、お疲れさまでした。
 目が回るような忙しさの中、そうかまた新年が来るのだな、とボンヤリと椅子に腰掛けて、ふと目に止まった照明スタンドの先端が何となく龍に似ているではないか、これは「吉」と受けとってよし、と自分を励ましたのは11月の初頭だったか。
あっと言う間の年の瀬。
なにもかもがギリギリセーフで間に合って、とりあえず雪山にも挨拶ができたことだし、上々の12月31日。今年も静かに新年を迎えられそうです。世の中的には大変な一年でしたが、なんとか新年を迎えられるたことに感謝。
a0028360_1448975.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2011-12-31 14:49 | ●Life Shot !
もう一回アップしたりして
ネコを作ろうとして失敗したら、けっこうカワイイ感じだったりして。ムシ的な何物かだな。ああ!触覚があるからだな。うーん、針金難しいな。線がアレ、ワイヤーアートみたいになっちゃうは不本意なので、面との共存が目指すところなんだけど、そこが秀吉と利休みたいな関係になっちゃったりして、ああ難し。
a0028360_12292871.jpg

[PR]
by hikosukeA | 2011-11-11 12:30 | ●オブジェ・イラストなど
庭にはワニはにわ
にわにはわにはにわニワニハワニハニワ282882828!
昨日思いついたへんな呪文。
いいまわしの気持よさと字面の可愛らしさがドンピシャで妙に気にってしまった。
a0028360_7203836.jpg

[PR]
by hikosukea | 2011-07-14 07:28 | ●オブジェ・イラストなど
サンドアニメーション・ライブ
突然ですが、サンドアニメーション始めました。

公演タイトル・砂のクリスマスプレゼント
演目「魚のプレゼント」
公演日程は
12/17(金)19:30開場 20:00開演 
12/18(土)15:30開場 16:00開演 & 19:30開場20:00開演の2回 
12/19(日)16:30開場 17:00開演
全4回の公演。上演時間は40分程度を予定しています。会費は2500円
※日曜は予約満席寸前です。前もって下記の電話に連絡ください。
会場は地元埼玉のM&CAPS さいたま市大宮区東町1-12-2 tel 048-778-7531
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a0028360_1011234.jpg


諸事情で右往左往していまして、告知が遅くなりました。
諸事情の最たるは「ステージ当日の2時間前まで台本が決めらなかった!」という、ぼくの優柔不断。それと、人生初のライブステージだし、練習不足だし、ほんの前哨戦だよ!その軽い気持が遅れに繋がりましたね。イケナイですね!で、今は台本もそれなりにできて、練習もそれなりに進展し、初日も無事終ったので、そろそろ告知しようかな。という、たいへんわがままな判断で、いまやっと告知する気になったワケです。勝手ばかり言っててスミマセーン。

でその、サンドアニメーションがどんなもんかと言いますと。
砂で描いた絵のコマ撮りアニメーションを想像しがちですが、そうじゃないんですね。ぼくの場合、手や小道具を使って砂をサラサラと蒔きながら次々と絵を描いて、ライブでドラマを展開します。

このジャンルではウクイナのクセニア・シモノヴァさんという妖艶で美しいアーチストが有名です。今回のぼくのサンドアニメーションも、2年前にYouTubeで彼女のステージを見のがきっかけです。しかし当然ぼくの場合「おまえは美女じゃなしイケメンでもないから無理だろバカ。」と、いろんな人に実直な意見を聞かされることになったわけです。しかしそこはね「絵の年季とアニメーションの年季、あとは卑怯でコソクな道具を使うことでカバーできるのですよ。お前こそバカ!」と反撃して乗り切って、なんとか今回の公演に漕ぎ着けたのです。

セニア・シモノヴァさんのステージを見て、強く心を惹かれたのは綿密に計算された演出とライブ感。
どちらも絵画には無縁と思える感覚だけど、サンドアニメーションにはその感覚がインストールされています。まさに、絵に命を与える感覚。そしてその喜びを体現できる映像表現です。成功すれば気分はアートマジシャンかフランケンシュタイン博士といったところ。そして、彼女のステージを見て感心するのと同時に「ぼくなら、ここでアレをしたい、ソコであんな事もしたい!」と思う気持に火がついて。・・・セニア・シモノヴァさんを想う気持じゃないよ。サンドアニメーションを想う芸術の気持ですよ。
で、それから2年、あーだこーだと考えあぐねた結果、いま最初の答えを提案中です。
今回のステージが終っても、まーだまだ頑張り続けます。
来年は月に1回の新作発表と定期公演を目指します!あくまで目標ね。他にも仕事あるしね。
乞うご期待ください!!
[PR]
by hikosukea | 2010-12-18 10:05 | ●舞台ライブの仕事
ここ何日か怖い話を考えていて、その中で鳩が登場するんですが、これが結構かわいい。最初は怖い鳩にしようと思っていたんですが、自分の少年期の体験のせいで、かわいらしい存在になってしまうんです。
昔、うちの庭をはさんだ向かいの家の二階の屋根に厩舎があって、伝書鳩がたくさん飼われていました。飼い主が独特の口笛を吹くと、沢山の鳩が一斉に厩舎に帰ってくるんです。いまのうちの猫よりずっと利口。その様子が、すごく羨ましかった。そんな体験のせいで、ぼくの頭の中にある鳩象は基本的にイイヤツ。
最近は町中に鳩の厩舎なんてないから、鳩といえば町や公園にいる野良鳩ばかり。
中にはクルックルックーとかわいい声を出しながらこちらに向って一直線に飛来して頭をかすめるようなヤツがいますが、あれはちょっと苦手。
a0028360_10592627.jpg

ハトラ : TypeDrawing/PhotoShopCS5
[PR]
by hikosukea | 2010-07-14 11:03 | ●Life Shot !