QTVRのヒラキ二丁
a0028360_174225.jpg
(クリックすると大きく表示されます。)
なんとなくゴチャついてますが、よくみると横長の写真が2枚。AとB。どちらも少し古い自宅の室内写真です。
Aは2001年。NikonCoolPix990+魚眼ワイコン+KAIDAN社製kiwi950(VR撮影用雲台)で撮影した12枚の写真をQTVR Authoring StudioでVR素材化しヒラキにしたもの。
Bは2000年。Aとほぼ同じ場所から24mmレンズで撮影した5枚写真をフォトショップであ〜して、こ〜してつなぎ合わせてこしらえた、VRジェニック的な一品もの。
どちらが好きかは好みが分れるところですが、人間の視覚的印象に近いのはBのほう。写真では立派な邸宅に見えますがカメラから大きな本棚まで、わずか5歩の距離。

VRはもっと楽しみたいテクノロジーなのにAppleはどうしたのか?QTVR Authoring Studioほっぽらかしみたいですが。
いつの日か、HotPointで展開するネコ路地VRつくりたかったのになぁ。
といっても聞いてくれそうにないので、フラッシュで一本釣りしようかなと考え中。かといって魚眼空間内移動の後頭部グアングアン感はマグロマニアだけではむつかしいのだよな。
[PR]
by hikosukea | 2004-07-10 17:43 | ●Life Shot !
<< ジャコメッティのレリーフひーろった! ねこちか2/ダウンロード再開します。 >>