TX1とXR500
 先日TX1をSIBUYA22に置き忘れたため、いろいろと不自由な思いをしました。最初のうちはTX1がなくても、うちにはPowerShotG10、GR、GXと代替えが揃っているから大丈夫だろうとタカをくくっていたワケです。ところがギッチョンチョン。TX1の小ささ軽さ使いやすには、どれも及ばない。TX1唯一の欠点といえば、フォーカスが泳ぎ気味、感度が低い、画が汚い”というあたりですが、そんなこと。鈍重なカメラを持ち歩いてシャッターを逃すことに比べれば小さなこと。そんな感じで、ここ一週間の不自由さで、TX1の利便性を再認識しちゃいました。
 といっても、うちのTX1はかなりヘタってます。もうソロソロな感じです。落としたり、ぶつけたり、水没したり、凍らせたり。ガテンな使い方をしているので当然ですが、最近では不安な挙動も目立つようになりました。そこで、そろそろ代替えのカメラが欲しいと思って探したんですが、現状これに相当するカメラがないんですね。絶対的な条件3つ。TX1と同等の大きさ。モニター可動式。ビデオもちゃんと撮れる。それだけのことですが、まあ見つかりません。てっとり早い話、キャノンが後継機を作ってさえいれば何の問題もないのですが、素晴らしい工業製品は短命”という日本企業の腰の弱さがモロですね。
 むか〜しむかし使っていたニコンのcoolpix990なんかも最高でした。このカメラはシリーズでしばらく続きましたが突然消えました。企業の考え方って全然意味が分かりませんね。990は今でも可動状態で、わたしの引き出しにデジカメの御本尊として奉納されています。次はたぶんTX1が殿堂入りですね。わたしのコンデジとしてはcoolpix990、camedia C5050、に次ぐ3体目の御神体。
a0028360_16582664.jpg

 で、一昨日SIBUYA22に行ってTX1を引き取ってきました。一週間ほど忘れ物置き場に安置されていたためか、いつもより好調です。うちの宝物を大切保管していただいて、ありがとうございます♪

 話しは飛びますがソニーのXR500とTG5V。TX1の後ガマにどうかと思い、ビックに見に行きました。だけどTX1に比べるとどちらも巨大!XR500はネスカフェの小瓶を1本持ち歩くような感じ。TG5Vは小振りの油揚げみたいな大きさです。それにXR500はシルバー。もうちょっと金だせばHDが少し大きくなってブラックボディー、という見え透いた商売も鼻につきます。
 そういうマイナス要因があったとしてもCOMSセンサーの裏面照射技術というテクノロジーが気になります。もの凄く気になります。猫の目の構造を思い出しました。キラリと光るタペタムのようなCCD。走っていても頭の位置が上下しない猫科のハンターのような強力な手ぶれ補正。うわぁ、どーしよー。そそるなあ!

ま、うちの場合、Cクラス(TX1)Lクラス(一眼)Vクラス(ビデオメイン)と3つのジャンルがあるので、Vクラスで考えれば最小ということになるんだけどね。うん。仕事用のカムコーダーも古くなってきたし。ん〜、ビックまで歩いて15分だしなあ。どーしようかな〜。ちょっと混乱中です。
[PR]
by hikosukea | 2009-05-09 17:00 | ●Life Shot !
<< たこ焼き器とXR520の同時レビュー ROSE ROBO >>